【体験談】アチーブメント株式会社「頂点の道」講座を受けて

スポンサーリンク

ピークパフォーマンスコースを終えて

アチーブメント株式会社の「頂点の道」講座を一通り受けた私。

最後のピークパフォーマンスコースを受けたら、またATCかスタンダードコースを継続して受けて、学習したことを忘れないようにしていくのがアチーブのスタイル。

私は、ピークパフォーマンスコースを受けた後、その先のステップであるJPSA(日本プロスピーカー協会)には入りませんでした。

その後のATCやスタンダードコースも受けるつもりはありませんでしたが、私を担当していたアチーブの社員から何度も電話はありました。

最初は電話に出ていましたが、「またATC再受講かスタンダードコースを受けて、継続してくださいね」という話で強くは勧誘されなかったので、それ以降の電話はもう出ていません。

こうして、私はアチーブからは離れることになりました。

正直、最後は「やっと離れられた」って感覚です。

でも、アチーブではたくさんのことを学び、素晴らしい仲間とも出会い、とてもいい経験ができたとも思っています。

アチーブで変わったこと・学んだこと

アチーブを紹介してくれたお客様であるMさんは、JPSA会員であり、プロスピーカーとしてステップアップされています。

ピークを受けた後、JPSAに入らなかったことを報告しました。

Mさんはそのことを、「私の選択」として尊重してくださいました。

そして今でも、私のサロンに定期的に通ってくれています。

2016年末にMさんのお話を聞いて、アチーブに出会い、初めてATCを受けた2017年3月。

その年の6月にATCの再受講を受けて、8月にダイナミックコースを受けました。

そこで今でも連絡を取り合う仲間に出会い、いろんな刺激を受けました。

ダイナミックコースで、家族への想い・自分の目的に気づきます。

・父・母・弟の選択を尊重すること

・自分の求めていることを大事にすること

私はどこまでも「自由」を求めていました。

その「自由」には、やはりお金が必要でした。

私はその時に「11月に2店舗目を出す」ことを決意しました。

2店舗目の計画を進めている9月に、ATCの再受講。

11月には、2店舗目をオープンしてすぐにダイナミックアドバンスコースを受けました。

そして2017年12月にATCの再受講。

11月・12月は、2店舗経営の中での受講だったので、かなりハードでした。

2018年の年明け、年末の忙しさからか、仕事中に痙攣とめまいも経験。

1月は比較的落ち着いていたので、仕事量を抑えることに。

そして私にとって最後のアチーブ、ピークパフォーマンスコースを2月に受けて、私のアチーブ生活は幕を閉じました。

2018年3月以降は、穏やかに2店舗を経営していたと思います。

本当は人を雇って、経営展開する方法もあったかもしれません。

でもやりながら思ったのは、私は他人の生活を保証できる自信が持てない、ということ。

1人で自由気ままに、が自分に合ってると気付きました。

そんなに人とつるむのも、好きじゃないんだと。

それに気づいて2018年からは、誘われるがままに食事に行くこともあまりしなくなりました。

また、2018年の一人旅は、私の「自由」を解放してくれました。

2店舗目を出して良かったこと。

自由に使えるお金が増えた

ハズバンと出会った

ことです。

先日、2年間経営した2店舗目を閉店させました。

そして1店舗目は、後継者に売却し、彼の待つ愛媛に飛び立つ準備をしています。

アチーブの講座を受けていなければ、2店舗目は考えていなかったと思います。

疑問を持ちながら講座を申し込んでいましたが、今はアチーブに感謝しています。

アチーブのルール

アチーブの中で、ここは良いなと思っていたルールがあります。

会員同士のビジネスはしない。

もちろん、求めていれば良いんです。

よくあるネットビジネスとか、ア○ウェイなどの勧誘ビジネスを禁止していたのです。

これは、素晴らしいルールだと思います。

よくビジネスセミナーには、勧誘ビジネス系の人間が紛れ込んでいますから。

会員同士でもビジネス交流してる人はたくさんいますが、それはお互いが望んでいる場合のみです。

スポンサーリンク



2017年、アチーブのセミナーを受けている中で、京都の人たちで朝会をしていました。

週1回、集まって近況をシェアすると言うものです。

私もたまに参加していました。

その時に出会った、母くらいの女性がいます。

その人は外資系の保険会社に勤めていました。

彼女のように外資系保険会社の方は、アチーブのセミナーをよく受けていて、同じグループになれば1人はいるという感じ。。

彼女と朝会で何度か顔を合わすようになり、「2017年の大晦日にお茶でもしませんか?」と誘われました。

サロンの大掃除もあるけど、とても良い方だし、エステティシャン経験もあると言っていたので、お茶くらいならと約束の日にカフェで待ち合わせしました。

軽く軽食を食べながら、世間話をしました。

食べ終わって食後のコーヒーに移った時、彼女はカバンから書類を出してきました。

嫌な予感は的中。

保険の案内でした。

まずは彼女の外資系保険会社がどういうものか説明されました。

私は無言でうなづきもせず、聞いていましたが、彼女は気にもせず話を進めていましたよ。

これ以上聞いても、私は買う気もなかったので、サロンの片付けを理由に退散させていただきました。

「また続きは来年お会いして話しましょう」

と言われましたが、LINEのお礼メールも返さず、ブロックさせていただきました。

2018年になり、ピークパフォーマンスコースを受けるまで、朝会には参加しませんでした。

彼女はルールを破ったのです。

許せないとまでは言いませんが、私ももっとはっきり言えたら良かったのかな。

せっかく仲良くなれるかなと思ったのに、残念でした。

JPSAに入った人の話

ダイナミックアドバンスコースで同じグループだった、私と同年代の女性がいました。

正直、私は苦手なタイプ。

彼女は化粧品会社の仲間と、中国地方から大阪の講座を受けにきていました。

今年の春に彼女からLINEがありました。

彼女はピークを受講した際JPSAに入ったそうですが、プロスピーカーになるための講座を受けるのに、お金と時間がかなりかかるという不満を漏らしていました。

私は、もうアチーブからは離れたことを言うと、返事もありませんでした。

アチーブから離れたら、こんなものなのです。

そして、やっぱり彼女とは合わないな、とも。

ただ、ダイナミックコースでグループが一緒だった仲間は、アチーブから離れた人もいれば、プロスピーカーになるためにステップアップしている人もいますが、グループ内でのやり取りも続いており、今年も年末に会う予定です。

友人も自分で選べるのです。

自分の選択を尊重しましょう。

そして、周りの人の選択も尊重すること。

自分が幸せであれば、周りも幸せになる。

思っているだけではなく、行動すること。

アチーブから離れて、これらのことを忘れた時もありました。

でも少し立ち止まれば、思い出せます。

わかっているのに、忘れがちで大事なことを学ばせてくれたアチーブには感謝しかありません。

大事なことを忘れかけて、いつかまたアチーブのセミナーを受けたいと思う時には、自分の選択を尊重して、自分から申し込みに行きたいと思います。

Fin

スポンサーリンク

Posted by harutabi