美味しい杏仁豆腐を求めて…

昨日は、きったないお話でしたね。

大変申し訳ございませんでした。

スポンサーリンク

色々な杏仁

「食べ物では何が好き?」

と聞かれたら、

チョコレート

甘いもの

と答えます。

基本甘いものが好きなのですが、その中でもチョコレートと同じくらい消費しているだろうデザートがあります。

それは、杏仁豆腐です。

初めて食べた杏仁豆腐は、いつだったか覚えていません。

ただ、よく食べていたのがスーパーに売っていたパウチに入った杏仁豆腐。

寒天でただ固められて、ひし形にカットされた杏仁豆腐と甘いシロップが入っていました。

母は「ビニール臭い」と言っていたけど、当時はそんなの関係なしに食べてました。

「もっといっぱい食べたい!」

と、中学生くらいにハマっていたのが、手作りで作る杏仁豆腐。

レトルトカレーが入っているような箱に、袋が入っており、その袋の中は杏仁の香りのする粉。

それを温めた牛乳に溶かして、鍋ごと冷蔵庫で保存。

固まってから、自分で適当にカットして、付属のシロップを水で薄めて出来上がり。

大量に食べられるとのことで、一時期ハマっておりました。

最近はあまり見かけないなと思ってましたが、Amazonでも売られていました。

最高の杏仁豆腐

ただ、私は知ることになります。

「私の人生の中で一番美味しかった杏仁豆腐」

に出会ってしまいました。

私は、生まれてから毎年1月2日に、奈良の薬師寺に初詣に行きます。

薬師寺を参った後、その近くの丘の上にある中華料理店「百楽」に行っていました。

約15名が、2つのテーブルに別れて昼食をとります。

春巻きやふかひれのスープ、鶏天が大皿でやってくるのです。

「正月から景気よく」がモットーの家族だらけだったので、豪勢な昼食でした。

その最後に必ず頼んでいた、杏仁豆腐。

大きくておしゃれな白い器に甘いシロップが注がれ、その中には、ひし形にカットされている杏仁豆腐とフルーツがたっぷり。

1つだけチェリーがのっていて、そのチェリーを従姉妹たちと取り合ったことも。

大人数で分けるので、結局小さい器に取り分けられるのですが、その杏仁豆腐が絶品!

杏仁の風味が濃く、とぅるんっと口に滑り込み、噛むと杏仁豆腐が口の中で逃げます。

食感は、もっちもち。

スーパーで買っていた杏仁豆腐や自分で粉を溶かして作る杏仁豆腐とは、まるで食感が違う!

あの杏仁豆腐は、毎年お正月の楽しみとなりました。

しかし!

もうその百楽は、10年くらい前に廃業してしまったのです。

百楽自体は残っているのですが、数年前に大阪上本町の本店で食事した時は、メニューの形態もすっかり変わってしまっていました。

杏仁豆腐も大皿ではなく、小皿提供。

モチモチさはあるものの、昔ほどの感動はなく。

味が変わったのか、私の好みが変わってしまったのか。

昔食べた、あの大皿で提供されていた杏仁豆腐には出会えずにいます。

スポンサーリンク



最近の杏仁豆腐

それでも私は、杏仁豆腐を求めているのでしょう。

ここ数年、カルディに行く度に購入している杏仁豆腐。

有名ですよね。

この杏仁豆腐は、大(約500g)・小(約200g)がサイズがあります。

私は、小(約200g)を毎回2つ買います。

大を買うと、一気に食べ過ぎてしまうので笑

小を2回に分けて食べるのです。

食感としては、百楽の杏仁豆腐に近いモチモチ感。

ただ、正直モチモチすぎる。

でも美味しいです。

あと、この杏仁豆腐は豆腐だけで、シロップは入ってません。

シロップがあるといいけどな~

でも私はそのまま食べますけどね~

最近、テレビで紹介されていた杏仁豆腐はこちら。

百楽の杏仁豆腐のモチモチ感を求めつつも、「飲み物」というドロドロ感に手が伸びてしまいました。

こちらファミマで200円ちょっと。

結構な重さ・大きさのドリンクです。

底を見てみると…

ブラックタピオカ入りですって。

飲んでみたところ、お味はまあまあ。

杏仁豆腐感はありますが、やはり食感が欲しいところ。

タピオカは、固めのゼリー感は否めません。

あと、大容量すぎて、最後の方は気持ち悪くなりました笑

今のところ、カルディの杏仁豆腐が、私の中で百楽に次ぐ美味しい杏仁豆腐になっています。

誰か美味しい杏仁豆腐を知っている方は、教えてくだせえ。

スポンサーリンク

Posted by harutabi