スポンサーリンク

京都23:00
クアラルンプール22:00

アロー通りの屋台街で、夜ご飯しました。2品しか食べてないのに、お腹いっぱいになりました。お次はデザートを目指して、屋台が並ぶ道を歩きます。

ドリアンとビールの食べ合わせ

屋台街を歩いている時や、夜ご飯を食べてる時、一緒にいた友人が
「うわ!この匂い!分かります?ドリアンですよ!」
と、何度か言っていました。

ドリアンの匂いを嗅いだことない私なので、
「え、臭い?ほんと?え〜、分かんないよ」
というやりとりが数回続きました。

ドリアンを置いてある屋台が数メートルおきにあるのです。

ドリアンだけ売っている屋台もあります。

「悪魔の果物」と呼ばれ、主に東南アジアで栽培されているフルーツの王様、ドリアン。とても栄養が豊富だそうです。
「果物(フルーツ)の王様」というニックネームもあれば、

「熱帯果実の魔王」
「悪魔のくだもの」
「禁断の果物」

と、数々の異名を誇ります。

ドリアン食べてみたいな〜とリクエストすると、
「はるみさん、ビール飲んじゃったからダメですよ!『ドリアンをアルコールと同時に摂取すると、死ぬ』って、言いません?」

え、そなの!?知らない!まだ死にたくない!と、色々ネットで調べてみました。検索結果は、

「ドリアンを食べた後に、ビール等のアルコール(酒類)を飲むとお腹が爆発する」とか、「ドリアンとお酒を一緒に摂ると死に至る」と、東南アジアの広い範囲でこの話は信じられているそう。

でもあちこちに、ドリアンがあって誘惑される私。

ドリアン店のお兄さんに、友人が「彼女、お酒飲んでるからドリアン食べられないけど本当?」と聞いてくれました。

ただ、お店の方が、「お酒?何飲んだ?」と聞くので、ビールを飲んだことを伝えます。
「ビールは大丈夫!ドリアンとの食べ合わせでダメなのはウイスキー!」と。

「え〜ほんま〜!?」と2人して疑いながら、そのお店は後にしました。その後、2人ほど屋台の方に聞くと、みんな同じ答えが返ってくるんですね。

「これ、イケるんじゃない?」と徐々にいけるかもムードが私たちに漂います。最初のやり取りから5分後には、現地の方々を信じてみる事にしました。

色々歩いて、こちらのドリアンのお店にお邪魔しました。

1玉RM50(=約1300円)。友人によると悪くない値段だそうなので、購入してみました。

後々、もっと詳しく調べると、

医学的な調査もされているが、食べ合わせにより死亡に繋がる要素は発見されておらず、ドリアンとアルコールの食べ合わせ説は迷信とされている。ネズミを使った実験では死亡例がなかったという報告がある。

出典:Wikipediaドリアン

もっとも、ドリアンとアルコールで消化不良や違和感があったという報告も記されているので、あまり取り合わせのよい関係ではないようですが、少なくとも「死に至る」というのは事実とは異なるようです。

ドリアンイケるかも?

ドリアンを購入して、席に案内されます。お店のおじいちゃんが目の前で、手際よくドリアンを割ってくれました。

ドリアンが開いた時点でも、激臭って感じの香りはしません。でも「あ、この臭いがドリアン?」って感じで、だんだん分かってきました。

ただ怖いので、恐る恐る近くで嗅いでみます。

クンクン。うん。これがドリアンか。

え?臭い?う〜ん。いや、イケるかも?そんなに激臭な感じではない。

友人が連写で私の反応を撮影してくれてました。
ドリアン、思ったより臭くはなかったです。覚悟しすぎたかな?

中華っぽい?

さあ、私のお腹は爆発するのか?しないのか?食べてみましょう!食べるときは、テーブルに置いてある使い捨てのビニール手袋を使用しましょう。

触ってみると...うわあ、ぶよぶよする。ぶよぶよしてる実をつまむと、ムニっと実が取れます。

この実がぶよぶよしてるのは、完熟の証拠なんだと、お店のおじいちゃんが説明してくれました。

触った感触はねっとり、とてもクリーミーです。

一口食べて、最初に感じたのは、

肉まんの味がする

でもその後、不思議な甘みがやってくるんです。匂いは肉まんで、味は甘くて美味しい。自分でも何言ってるか分かりません。笑

でも、東南アジアでドリアンを食べたというお客様とお話してたら、その方も「餃子っぽい味」と表現されていました。あながち間違ってはない?

ドリアン半分は友人と美味しくいただき、半分は持ち帰り用に包んでもらいました。

ただ、帰りのモノレール内で臭いが充満...。私が持ってるって、バレてたかな?笑
ホテルやタクシーによっては、ドリアン持ち込み禁止だったりするので、確認しましょう。

ちなみに、私はこの後も気持ち悪くなることは一切なかったです。爆発しそうな胃の膨らみもなく。すごい量のビールを飲んでなかったので、大丈夫だったのかもしれません。

ただ、ウイスキーを飲む方は注意した方がいいですよ。

豆知識

最後に、マレーシア在住の友人が「ドリアンを食べる上での豆知識」を教えてくれました。

ドリアンを食べると手に臭いがつきます。それを取る方法があるそう。やってみましょう。

ドリアンの果実を取った皮に、水を少し入れます。

その皮に入れた水を擦りながら、指や手を洗うと...あら不思議!ドリアンの匂いが取れてるんです!これはすごく不思議ですが、皮自体には匂いはないのかな。どちらかというと、あの強烈な匂いは実の方なんですね。

是非、やってみてください♪

おしゃべりで夜更かし

ドリアンを制覇し、満足。

まだ話足りない私たちは、バーかカフェに行こうとウロウロ。雰囲気良さそうなお店に入りました。

テラス席が賑やかで欧米人観光客が多いお店でした。日本人による琴の生演奏も始まっていました。

雰囲気もいい感じで、デートに良さそうなバーです。

私はミルクティー、友人はジャスミンティーでほっこり。

おしゃべりは止まらず、マレーシアのビジネス話を聞いたり、将来の夢を語り合ったり。一回りも歳が違いますが、彼女の夢の持ち方に尊敬すらおぼえました。私も日本に帰国したら初心に戻らなくては、と色々考えることが増えました。

一度きりの人生を無駄にしちゃダメだとは思いながらも、なかなか行動できず。やるかやらないかは、私次第なんですが。

AirAsia Bukit Bintang駅から、お互い別方向にお別れ。

最後のハグを交わし、彼女は翌日、お仕事でインドに飛びました。お仕事の合間を見て、時間を取ってくれた友人に感謝。楽しいクアラルンプールの夜となりました。

Bukit Nanas駅に到着したときは、24時前。

ペトロナスは、まだ神々しい光を放ってました。
マレーシア、夜更かしさせるよね。

★アロー通り

スポンサーリンク
おすすめの記事