【ソウル】3日目 ソウル最後の晩餐は、明洞でチーズタッカルビ

普段は質素に。旅行ではたんまりと。

あ、食事の話です。

旅行から帰ると、普通に+3kg。

たまに、帰ってきても食欲が止まらなくて+5kgも行くことも。

こんな私に付き合わされた、叔母こもちゃんのお腹はそろそろ限界かしら?

私の食事量に合わすと拷問になるそうです↓

スポンサーリンク

南大門市場

朝ごはんを食べた後、ホテルへ戻ってチェックアウトの準備。

チェックアウトしてから、スーツケースをホテルのフロントに預けました。

さて、飛行機の時間までお買い物とランチをしに行きます♪

明洞駅から2駅分くらい歩き、南大門市場(ナンデムンシジャン)へ。

南大門市場は、ソウルで最も古い600年の歴史をもつ市場です。

キッチン用品・民芸品・お土産・食品・衣料・輸入商品など、多くの店舗がひしめき合い、東の東大門(トンデムン)一帯と並ぶソウルの二大ショッピングエリアの一つ。

注意すべきは「(ブランドの)ニセモノあるよ〜」と囁いてくるおっちゃんやお兄さんが、日本人を狙ってくるので、無視しましょう。

そんな中、ホットクを見つけたので買ってみました。

「まだ食べんの!?こもちゃんはええわ」

と引いてましたよ。

でも1日目の明洞のホットクの方が、分厚くて味も良かったなあ♪

チーズタッカルビ

最後の晩餐はどうしようかね?

と、こもちゃんに聞かれ、私がパッと思いついたのが、この時期日本でもはやり始めていたチーズタッカルビ!

ええやん!と、こもちゃんも朝ご飯のときのテンションはどこえやら。

とりあえず、店探してみよか。

とウロウロしていたら、こちらのお店に到着!

「Mr.チーズ 直火タッカルビ」さんです。

階段を上がると、広々した店内でした。

クールな女性スタッフさんが、どこでも座ってと促します。

こちらでは、厨房で一度直火焼きをした後、お客さんの前でスタッフが調理するスタイル。

チーズタッカルビのセットと、チャミスルを注文!

サラダは、シーザーサラダでした。

スポンサーリンク



クールな女性スタッフ②さんが、キャベツや鶏肉を焼いてくれます。

タイマーで2分。

タイマーが鳴ると、最初のクールスタッフさんが、チーズ投入!

蓋をして、そしてまたタイマーで2分。

タイマーが鳴り、蓋を開けに来てくれます。

うわ~~♪美味しそう~~

私はとりあえず、伸ばしてみる。

いいね!インスタ映え!!

鉄板が目の前であっついので、髪まとめは必須。

こもちゃんも「不思議とお腹減ってきたわ~」とワクワク。

スポンサーリンク



直火焼きをすることで、食材の表面にほんのりと焦げ目がつきます。

甘辛ダレ(ヤンニョム)が香ばしくて、食が進む進む。

私たちは、普通の辛さを選択しましたが、「普通(ポトンマッ)」と「辛口(メウンマッ)」から選べるので、注文時に指定しましょう。

指定しない場合は、「普通」が提供されるそう。

普通でも結構辛いかな。

2人で食べきり、さすがに私もお腹はちきれそうになりました。

でも大満足!

ごちそうさま~♪

金浦空港→関空

明洞からタクシーで30分。

金浦空港から、大韓航空で関空へ帰国。

さよなら、ソウル。

また行くね。

この日は、大阪のこもちゃん家に泊まりました。

済州島のはちみつを食べようと、朝ごはんにフレンチトーストを作ってくれました。

あっさり、でもコクのあるはちみつを美味しくいただきました。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

★Mr.チーズ直火タッカルビ→KONEST
ミストチジュチックァタッカルビ/미스터치즈직화닭갈비
営業時間:11:00~23:00(ラストオーダー22:00)
休業日:年中無休
ソウル特別市 中区 忠武路1街 22-2, 2F
(서울특별시 중구 충무로1가 22-2, 2F)

スポンサーリンク

Posted by harutabi