韓国料理ポシンタンを食す。

韓国にゆかりのある私の親戚ですが、特に叔母はKoreanホリック。

仕事でも韓国にしょっちゅう行くので、韓国語はもちろん堪能。

昨年のGWには叔母とソウルに行き、すべてを叔母に任した楽しい旅行でした。

スポンサーリンク



叔母が韓国料理の中でも一番好きな料理はポシンタン。
サムゲタン(参鶏湯)は鶏です。鶏のスープ。ポシンタンは、犬です。犬のスープ。
今でも韓国の一部、中国やベトナムなどは犬を食べる習慣があります。日本人からすれば、かなり残酷な話で。1988年ソウルオリンピックがあった際には、ヨーロッパ方面からかなりの批判があったそうで、今ではポシンタンを扱うお店はかなり路地に入ったところだったり、観光客が通らないような場所にお店があります。

昨年GWにソウルに行った際は、明洞から電車で数駅離れた貧困層が集まるディープな場所にポシンタンを食べに行きました。

ポシンタンを置いているお店には必ず参鶏湯も置いてあるので、その時は私は参鶏湯、叔母はポシンタンをいただきました。

ソウルでポシンタンとサムゲタン↓

その時に少しいただいたのは、香草でスープを煮込んでいるのでクセのある香りでしたが私は食べれなくもないなと。ただ犬肉は獣っぽい香りと筋のある肉質が、箸を止めました。

さて話は戻って父の誕生日、なんかご飯食べに行こうと誘うと「最近身体が弱ってるからなあ…」と出かけるのを渋る。同じ席にいた叔母が「ほならポシンタン食べに行く?」と。

ポシンタンは韓国では滋養強壮の食事とされています。
父もそれだったらええなあ!と喜び、父家族・叔母・私の5人でお店へ。

車で今里新地へ。

ビルの1階に構える開城食堂(ケソンシクタン)という韓国料理のお店です。

韓国のテレビがばっちり映っています。おそらくこの辺では契約できるような商売があるのでしょうね。

奥に広がるお店でテーブルが5席程。

予約していたので、席に着くともう準備されていました。

韓国では当たり前、おかずが並びます。

ほどなくすると、店主であるおばあちゃんが野菜を入れにきてくれました。

このおばあちゃんはなんと80歳を超えているそう!

理由は分かりませんが、50歳頃に日本に来て商売しているとのこと。

おばあちゃんは、民宿もしているようで、食堂の横には2つのお部屋と同じビルの2階も民宿営業してるようです。

日本語もたまには話せますが、ほとんど韓国語です。

おばあちゃんと父と叔母が韓国語で話しているところに、私も耳を傾けて聞いていたら、

おばあちゃん「この子(私)も韓国語分かるんか?」

叔母「この子は、韓国語分からないよ」

おばあちゃん「なんか、分かってるような聞き方してるで」

と笑。

スポンサーリンク



さてご飯に戻りましょう。

野菜が入っていますが、ごまの葉やセリが入っています。

煮込まれた犬肉を出してみましょう。

韓国ソウルで食べた筋っぽいお肉と違うようで、鍋にすると高級料理になるので肉質が変わるのだそう。

ビールを飲みほし、マッコリへ。

おばあちゃんの手作りかな?と思いましたが、買ったものって言ってました笑。

一人子供がいたのですが、ポシンタンの辛さで食べられないとのことで参鶏湯を注文。

美味しそう~~

実際かなり煮込まれて、トロットロのスープ。出汁がすごい。ご飯はかなり少なめなのでスープと鶏がメインな感じ。

かなりディープなので、なかなか足を運べないかもですが、結構おすすめです。おばあちゃんとコミュニケーションが取れたらもっと楽しいんやろけどなあ。

お値段は結構張りますよ。まあ父の誕生日なのでね、奮発しました。
頑張って働こ笑。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

★開城食堂 (ケソンシクタン)
大阪市生野区新今里5丁目5-17
今里新地プラザ1階

スポンサーリンク

Posted by harutabi