スポンサーリンク

別府温泉 杉乃井ホテル

先日、大分にある夫の実家に帰省しました。
義理実家に1泊し、翌日に別府温泉の杉乃井ホテルに1泊しました。


ものすんごく広い敷地に入り、杉乃井ホテルの本館・アクアビート(プール施設)・アクアガーデン(温泉施設)やレストラン・コンビニをすり抜けて、今回宿泊する虹館に向かいました。

2021年の夏に新しくオープンしたという虹館は、入った瞬間からとても新しく明るくて気持ちいいロビー。

杉乃井ホテルは、オリックスの事業ORIX HOTELS & RESORTS(オリックス ホテルズ&リゾーツ)の施設。
夫と息子(ジュニアNISA)がオリックスの株を保有しており、今回予約の際にオリックスの株主であることを伝えたところ、宿泊料金10%割引で宿泊できました。

杉乃井ホテルで過ごした一泊二日をレビューしていきます。

虹館ダブルルーム

今回予約したのは、虹館のダブルルーム。
親子3人並んでも余裕なキングサイズのベッドがあります。

窓側には、デイベッドタイプのソファもあります。

とてもコンパクトなお部屋なので、大人がすれ違うときは狭さを感じますが、十分な広さです。

部屋の雰囲気がカジュアルでイマドキな感じ。

テレビ・棚・テーブルや簡易の椅子も壁掛け。
コンパクトな部屋は、色々壁掛けするとスッキリしますものね。

↓コンパクトなウチもテレビを壁掛けにしました。

↓壁にかかっていたテーブル。

↓壁にかかっていた簡易の椅子。

↑心地よくは座れませんでした。笑

クローゼットはオープンクローゼットです。

浴衣は最初から様々なサイズを置いてくれています。
玄関は狭いのでクローゼットの下に靴箱があります。

冷蔵庫にはオサレなITOENウォーターが2本。

洗面台もとても綺麗で、スッキリしています。

アメニティに関しては後ほど紹介します。
バスタブはなくシャワーのみバスルームですが、杉乃井ホテルさんには大きな大浴場があるので特に使いませんでした。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープはたっぷり置いてくれています。

トイレもとても綺麗でした。

さて、コンパクトなダブルルームですが、入口から部屋まで廊下というものはほぼありません。

2日目に気づいたのですが...
実はココ、仕切れるんです。ドアが隠れていました。

全身鏡がついていた壁を動かすと、扉として閉められるのです。
廊下がうるさい場合はこれあると嬉しいですね。
(扉は開いたまま就寝しましたが、特に問題ありませんでした)

アメニティ

アメニティは、ロビーのアメニティーバーで「必要な分を取っていってください」方式です。

・歯ブラシ(大人用・子ども用)
・カミソリ
・ヘアブラシ
・シャワーキャップ
・コットンセット
・ヘアゴム

SDGs・環境問題を意識した取り組みで、この方式は色々なホテルで実施されていますね。

設置時間は決まっていますのでお早めに。
(14:00~24:00)

貸し出し品

いつも旅行で忘れているスマホ充電器。
今回は忘れなかったので、ホテルでは借りていません。

大人用の室内スリッパは、使い捨てです。
子ども用はホテルのものですが、最初から置いてくださっていました。

子ども用の浴衣は90cmから貸し出しできるそうです。
我が息子は浴衣は着慣れてないので、パジャマを持参しました。

最上階の窓からの景色

宿泊したのは8階最上階のお部屋でした。

↓朝の景色はこちら。

まあ眺めがいいというわけではありませんね。
滞在中はカーテンを開けることはほとんどなかったです。

右側にあるのは新しくオープン予定?の建物なのか、現場の人たちが最終チェックしている様子でした。

しかし、さすが別府温泉なだけあって、いろんなところで煙がモクモク。

あちこちに温泉があるんですね。

食事・レストラン

ワールドダイニング「シーダパレス」という会場で朝・夕食をいただくことができます。

ちょっとした街に来たみたいな食事会場でした。
あの有名なランドのレストランにもこんな感じのありますよね。もうそんな感じ。

奥まで広くて、奥に行くとボックス席もあります。

食事は朝夕ともにバイキング形式です。
このカート↓大変ありがたいですよね。

他のお客様の邪魔になるのは分かってるんですが、この場所だとみんな使ってるし、ほぼ子連れの旅行客なので気にするこたありません。

お子様用の椅子(バンボ)も貸してくださるので助かりました。

バンボのアタッチメントで遊んで集中してくれたので、ある程度ゆっくりご飯を食べることができました。

会場ではマスク必須です。消毒液や手袋は充実しておりました。

もうこういうのも慣れてきているようで、みなさんちゃんとマスクと手袋してバイキングを楽しんでいました。

夕食

久々のバイキングディナー!和洋食から中華・デザートまで、豊富なメニューの数々でした。

夕食は17:00から入場できます。
17:00~17:30までハッピーアワーとなっており、アルコール1杯、ソフトドリンク(飲み放題)を追加料金なしでいただくことができますので、是非早めに行ってみてください。もちろん、私と息子はソフトドリンク飲み放題・夫はビール1杯を無料でいただきました!

今回の夕食でしこたま頂いたのが、牛肉ステーキ。

薄いですが、柔らかくてソースも美味しいステーキでした。
何皿取りに行っただろう。ソースは2種類から選べます。(3種類だったかな?)

デザートも充実しており、食事の合間に豪華なパフェにしていただきました。

久々に夕食をお腹いっぱい!
食事はおおよそ90分と決まっているのですが、十分でした。

我が家の息子も暴れん坊ですが周りも賑やかで暴れん坊さんがたくさんいたので、そんなに気にせず食事することができました。

朝食

朝食は7:00~スタート。
起床後、同じ施設内にある棚湯でお風呂に入ってから朝食会場「シーダパレス」に向かいました。

朝食も夕食と同じバイキング形式ですが、もちろんメニューは夕食とは変わっています。

こちらのフレンチトースト、なかなか美味しかったです!
(以前泊まったフレトーが評判のいいホテルのより、断然杉乃井ホテルの方がよかった!)
フルーツサンドも良かったなあ。

もちろん和食も充実しております!夫がさらに和食でまとめてきてくれました。

秋を感じさせる秋刀魚も嬉しいおかずだ!
オープンキッチンでは、オムレツを目の前で焼いてもらえます。

息子と一緒に並んで見ていたので、ケチャップでスマイルを描いてくださいました。これも嬉しくなるサービスですね。

パンも種類が充実!

夫からの事前情報だとドリンクに息子の大好きなスムージーがあるとのことだったのですが、残念ながら見つからなかったです。野菜ジュースがあり息子に飲ませてみましたが、とてもトマトの強い濃いものでも美味しく飲んでいました。結果オーライかな。

楽しい1日が始められる朝食となりました。

プロント

棚湯・アクアガーデン・シーダパレス(食事会場)・売店などがある施設の入口にはプロントがありました。

私たちは利用しませんでしたが、日帰り利用される方やカフェでゆっくりしたい方には嬉しいレストランですね。

京都時代にたまに利用していましたが、長らく行ってないなあ。

セブンイレブン

杉乃井ホテルの敷地内にセブンイレブンがあります。
ここで買って持ち込んでください!って言ってくれてるんですよね。そうさせてもらいましたよ。

アクアガーデン・棚湯を利用した後の風呂上がりの一杯に、ビールやジュースをここで購入させてもらいました。
コンビニが近くにあるホテルっていいですよね〜。

温泉

杉乃井ホテルの温泉施設である棚湯とザアクアガーデンを紹介しますが、宿泊する場合は無料で利用することができます。

ザ アクアガーデン

水着で入る温泉プール「ザ アクアガーデン」。私たちは食事後の夜に利用しました。

別府の夜景を望みながら、広い温泉プールを楽しむことができます。
肌寒い夜だったので、とても気持ちよかったです。

定期的に噴水ショーが行われ、20:00のショータイムに合わせて入りました。

音楽に合わせてシャボン玉やライトアップで表情を変える夜空。それを見ながら楽しんで入ることができました。

また、こちらではマスクの必要はなさそうです。私たちもマスクなしで過ごしました。

棚湯

ザアクアガーデンと同じ施設にある棚湯。ザアクアガーデンに行く際は、こちらの棚湯の脱衣場で着替えて行くことになります。

棚湯は、水着着用はしません。通常の温泉です。
棚湯とだけあって、棚になった大きな展望露天風呂。

夜は別府の夜景を眺めて、朝は別府湾がしっかり望めるので特に気持ちよかったです。

アクアビート

宿泊する場合は、無料で利用できる杉乃井ホテルのプール施設「アクアビート」を紹介します。

私たちがホテルにチェックインしたときは午後1時でまだ部屋には入れないため、1階にあるロッカールームにスーツケースなどの荷物を保管しました。

必要なものだけ持って、いざアクアビートへ!
虹館からは徒歩1分です。

脱衣場から入ってすぐに、大きいプールが飛び込んできます。

おお〜!
(30年前の宮崎のシーガイアのプールを思い出しました)
こんなアクティビティ施設は久々です!

子ども用のアームリング浮輪は無料で貸してくれます。

中央の大きなプールは定期的に波が起こります。


その隣には洞窟をくぐる流れるプール。
外には小学生くらいの子どもたちが楽しめるスライダーもある子ども用プール。
室内2Fには浮輪に乗って滑るスライダーや1人で滑るスライダー。
その隣にある幼児用のプール。

1歳8ヶ月の息子はほとんどこの場所で過ごしましたが、滑り台も積極的に滑ったりバランス棒に登ったりとても楽しそうでした。

1日目も2日目も久々にたっぷりプールを楽しみました!

このアクアビートでもマスクは必要ありませんでした。私たちもマスクなしで楽しみました。

総合評価

杉乃井ホテルで過ごした一泊二日、とっても楽しかったです。
アクアビートもザアクアガーデンも楽しめたし、食事も満足感でいっぱいです。

ひとつ気になった点といえば、スタッフさんの接客態度にムラがあることかな。

ホテルスタッフさんと交流ってあんまりなかったけれども...
特に態度が嫌だなと思ったのはお若い方でアルバイトさんと思われる人たち。全体的にそういう方は基本無表情で淡々と仕事している感じでしたね。(食事会場やアクアビートでなど)
こちらが聞いても基本返事なしで案内するという人が多くて「おお、みんなそんな感じなのか」と、途中からこちらも構えるようになりました。

これは、私が久々のアミューズメントパークってのもあって某有名ランドみたいな感じと期待しちゃったかな。それとは違うし、こちらも心構えがちょっと必要だったかなと思っています。

でも...楽しいところだしちょっとくらいニコっとしてる方が仕事楽しくないかい?
と思ったりするのだが、自分はどうだったかな。いや、一応接客業の経営者だった者としては、そこはちゃんとしてたんだが。

自分が少し嫌な思いをしちゃったので長くなりましたが、杉乃井ホテル自体はとても楽しいところでした。
宿泊した虹館はとても綺麗なところだったし、アクアビートは子どもたちには持ってこい!もちろん大人も楽しみました!
ザアクアガーデンは子どもや大人も楽しめますが、カップルでも楽しいでしょうね。

久々に思いっきり楽しんだ一泊二日でした。

スポンサーリンク
おすすめの記事