スポンサーリンク

この度、個人事業主として「再び」事業を始めることとなりました。

と、言うのも。
私は京都で、個人事業でエステサロンを5年間経営し、2019年に事業譲渡。
事業譲渡=京都での事業は廃業、となりました。

2020年に愛媛に移住し、4年間専業主婦として過ごしましたが、縁があり業務委託でお仕事をすることになったのです。

2014年に京都で開業届を提出した際は、紙と郵送での提出。
6年分の確定申告は、e-Taxで確定申告書と収支内訳書を作成し、郵送で提出していました。

時代は変わり、2024年。
今回は開業届からインターネットで提出をしようと、クラウド会計ソフトfreeeの「freee開業」を使って、愛媛で開業届を出すことにしました。

直接e-Taxを使う方法もあるようですが、方法が全く分からず...
「freee開業」なら無料で簡単に提出ができるので、書き方や提出手順を紹介します。

これから開業届を提出する方の参考になれば幸いです。

個人事業主の開業届の出し方

今回、私はPCとスマホを使って提出しましたが、スマホ一台だけでも提出可能です。画面が少し違いますが、内容はほとんど一緒なので、是非参考にしてみてください。

まずは、クラウド会計ソフトfreeeの「freee開業」にアクセスします。

「開業書類を作る(完全無料)」をクリック。

①メールアドレス・パスワード→②「同意して登録する」をクリック

または

「Google アカウントで始める」「Microsoft アカウントで始める」で簡単に登録することもできます。

私は、仕事用のGoogle アカウントで登録しました。

個人情報入力

次に個人情報を入力していきます。

申請者の情報を入力してください

・姓名(漢字/カナ)
・生年月日
・住所
・電話番号

 

主に仕事をする場所はどこですか?

事業を行う場所を入力します。
私は、「自宅で働く」を選択しました。

どのような仕事をする予定ですか?

・仕事の種類
・仕事の概要
私は、業務委託で広告のデザインや解析、動画作成のお仕事をいただいているので、
「フリーランス/デザイナー・クリエイター」を選びました。

事業の屋号と開始日を入力してください

・屋号:決まっていなければ入力しなくてもOK!確定申告の際に、屋号を記入するのでもいいそうです。
・事業開始日:事業を始めた日を入力します。

 

収入について教えてください
・事業所得/不動産所得/山林所得
上記から所得の種類を選択します。
私は「事業所得」を選択しました。
事業主以外の従業員について教えてください。
私は個人で仕事をするので「今はいない」を選択。
確定申告の種類を選びましょう
・青色所得(55万円控除/10万円控除)/白色申告
確定申告の種類を選びます。
私は「白色申告」を選択しました。京都での事業も白色申告で行っていました。

全て入力できたら、確認画面が表示されます。

必要書類の提出

次に、開業に必要な書類の提出をします。
マイナンバーカードを用意しておきましょう。

まずは書類の提出先を選択。

申請者情報の住所から該当の税務署が表示されます。
不明の場合は、国税庁のHPをチェックします。
税務署の所在地などを知りたい方

次に、書類の提出方法の選択、提出書類の確認をします。

書類の提出方法を選択しましょう

スマホで電子申請/PCで電子申請
税務署で提出/郵送

上記4つの中から選択します。
PCで電子申請の場合は、別途マイナンバーカードリーダーの購入が必要です。

【楽天1位】ICカードリーダー マイナンバーカードリーダー 確定申告 e-Tax USBタイプ

スマホで電子申請であれば、スマホ自体がカードリーダーになるので、こちらの方がオススメ。

書類を確認しましょう

「〇〇さんが提出する書類は以下の書類です。」
自身が提出すべき書類の内容が自動で出てきます。私の場合は、もちろん「個人事業の開業・廃業等届出書」です。

提出の準備をするために、マイナポータルアプリをインストールします。

この画面のまま、置いておきましょう。

マイナポータルアプリをインストールします。
私は持っていたので、「開く」をクリック。

マイナポータルのトップ画面に[ログイン]ボタンがあるので、クリックします。

マイナンバーカードの読み取り作業を行います。

 

[利用者証明用電子証明書]のパスワードを入力します。
カードの読み取りのために、スマホの背にマイナンバーカードをあてて読み取らせます。

ログインができると、「おかえりなさい」の画面になります。

画面右下の「さがす」をクリックします。

 

上図左:「e tax」と入力し、検索します。

上図右:スクロールして「国税電子申告・納税システム(e-Tax)」の[連携]をクリック。

利用者情報を入力していきます。

利用者情報入力

※は入力必須項目
・※姓名(漢字/カナ)
・※生年月日
・性別
・電話番号
・メールアドレス(確認入力有)
・お知らせメールに表示する宛名
・職業(事業内容)
・※住所(都道府県・市町村・丁目番地等)
・住所(郵便番号・建物名・号室)
・事業所などの所在地:私は自宅なので省略
・※提出先税務署:自動で表示されます
・※納税用確認番号:自動で表示されます

最後に、「利用者識別番号の通知希望」にチェックを入れましょう。


「内容確認する」をクリックします。

先ほどの「利用者識別番号の通知希望」にチェックを入れていない場合は、ここでメモしておいた方が良さそうです。

「同意する」をクリックすると、アカウントの連携が完了し終了です。

次にfreee開業の画面に戻り、マイナポータルで作った書類を提出します。

マイナンバーを入力し[保存]をクリック。freeeの電子申告・申請アプリをインストールします。

アプリのインストールができたら、「提出(電子申請アプリ)」を起動をクリックし、下の画面が表示されます。

上のコードを読み取ると、freee電子申告・申請のログイン画面が表示されます。

 

上図左:最初に登録したfreeeのアカウントでログイン(私の場合はGoogleでサインイン)します。

上図右:ユーザーにメールアドレスが表示され、「マイナンバーカードの利用者証明用パスワード(数字4桁)」と「署名用パスワード(英数字6字以上16文字以内)」を入力し、[次へ]をクリック。

マイナンバーカードをスマホの背に当てて、マイナンバーカードの読み取りをします。

正常に終われば、下図左画面が表示されます。

 

上図左:「個人事業の開業・廃業等届出」をクリックすると、
上図右:受付結果の詳細が表示されます。

freee開業の画面に戻ります。

最後に[受付結果の確認]をクリックすると、結果の詳細が表示されます。
[受付確認]に「受付完了」が表示されていれば、[開業の準備を進める]をクリック。

最後に↑この画面が表示されたら、開業届提出が完了です!

e-Taxで開業届と開業届の控えを印刷する

開業届を税務署に直接か郵送で提出する場合は、開業届に税務署の判子を押された「控え」をもらうことができます。

スマホやPCでの電子申請だと「控え」の書類がないので、開業届とは別に、受付受信通知を「控え」として画面保存か印刷して保存しておく必要があります。

私は紙とデータで保存もしたいのと、子どもの通う幼稚園に幼児教育・保育の無償化の申請書を提出するために、開業届と受付受信通知(控え)を印刷しようと思います。

まずは、e-Taxにアクセスし、マイナポータル経由でログインします。

上図左:e-Taxにログインしてスクロールすると、[メッセージボックス]があります。[お知らせ・受信通知]をクリックすると、

上図右:受信フォルダに「個人事業の開業・廃業等届出」が届いていますので、クリックします。

↓受信通知内容が表示されました。

上図左右:このページを「控え」としてデータ保存と印刷(自宅保管用&幼稚園提出用)しました。「保存する(XML形式)」でもいいのかと思いますが、何度試してみても、なぜかダウンロードできませんでした。

上図右:開業届を表示させるために、「帳票を表示する」をクリックします。

「帳票の表示」という画面になります。

上図左:作成する帳票は開業届なので、「個人事業の開業・廃業等届出書:1枚」にチェックを入れます。そして「帳票作成」をクリックします。

上図右:「PDFの作成」が表示されますので、「表示」をクリック。

すると、開業届が表示されます。

入力内容がきちんと反映されています。これをデータ保存と印刷しました。

これで、開業届の提出やデータ保存・印刷は終了です。

開業届は提出しなくても大丈夫なんです。私もそのまま確定申告をしようと思っていたのですが、子どもの幼稚園に幼児教育・保育の無償化の申請をする必要があったので、開業届を作成・提出することにしました。

自宅には、開業届と受信通知(控え)のデータと紙を保存しています。また、幼稚園には幼児教育・保育の無償化の申請をする際に、開業届と受付受信通知(控え)をセットにしホッチキスで留めて提出しました。

確定申告について

確定申告は、私は白色申告で行います。

帳簿は、やよいの白色申告オンラインを使って記録しています。


無料で使えます。

京都で事業をしていた時も白色申告で確定申告をしていましたが、パソコンからe-Taxで「収支内訳書」「確定申告書」を作成し、印刷。マイナンバーカードリーダーを持っていなかったので、それを郵送して送っていました。

【楽天1位】ICカードリーダー マイナンバーカードリーダー 確定申告 e-Tax USBタイプ

今の所、カードリーダーを買う予定はありません。

今年度の確定申告(来年作成)は、スマホからe-Taxで行おうと思います。

スマホで完結。便利な世の中になりましたね。

スポンサーリンク
おすすめの記事