スポンサーリンク

MacBookの電源が入らない

2018年夏に京都で買った私の相棒MacBook Air

このMacBook Air2017年モデルです。

毎日使うので、使わない時は基本電源を切らずにMacBookを閉じてスリープ状態にしています。

なので、MacBookを開けばパスワード入力画面になるのですが、この日は違いました。

前日の夜に使いMacBookを閉じただけのはずなのに、画面がつかない

電源ボタンを何度か押しても、うんともすんとも言わず。

MacBook 電源 入らない」

MacBook 画面 つかない」

と検索して、Appleサポートや対処法をまとめてくれているブログを読み漁り、色々試してみましたがダメでした。

Appleサポートに問合せ

ネットのAppleサポートに

「それでもMac の電源が入らない場合は、Appleサポートにお問い合わせください。」

とあったので、お問い合わせページにアクセス。

チャットや電話で問合せができるとのことで、電話で対処法を聞くことにしました。

日曜日の午前中に申し込み予約をしてみたら、その日のお昼頃から15分刻みで予約ができるようになっていました。

あとは時間まで電話を待つだけ。

予約した時間の10分前にメッセージが届き、

メッセージからぴったり15分後に電話が来ました。

まずはApple IDの名前と製品の故障内容を伝えます。

「最後までサポートしますので、ご安心ください」

と、マニュアル通りなんだろうけど、この言葉は安心しますね。

まずは、純正の電源ケーブルを繋げるように言われました。

ちなみに、朝充電したので、ある程度充電された状態です。

「電源ボタン」を10秒長押し。これで強制終了をします。

すぐに「電源ボタン」を押して、起動されなかったので次の作業SMCリセットという作業へ。

また「電源ボタン」を10秒長押しして、強制終了。

そして、「shift(左)」+「control(左)」+「option」を押しながら「電源ボタン」を10秒押して離します。

「電源ボタン」を短く押します。

Appleサポートの方から

「どうですか?」

と聞かれたのですが、これでも動かず。

ダメだったので、Appleストアへの持ち込みを提案されました。

今私が住む愛媛県にはAppleストアはないはずなので、どうすればいいか聞くと、松山市内にApple製品の正規修理店があるとな!

さっそく翌日に持ち込みの予約をお願いしました。

カメラのキタムラ大街道店

松山市内のApple製品の正規修理店は、カメラのキタムラ大街道店にあります。

店内に入ると、スタッフの方が対応してくださいます。

スタッフの方に予約名を伝えて、MacBookの不具合を説明。

スタッフの方にMacBookを渡して見てもらいましたが、やはり起動できなかったようです。

とりあえず、MacBookを預けて修理してもらう申し込みをしました。

タブレットで、記載されてある約款に同意していき、申し込みを完了。

あとは連絡を待ちます。

料金

料金は、部品代と技術料がかかります。(後ほど記載。)
私は
Apple Careに入っていたので、費用はかからず0円で修理してもらえることになりました。

購入したのが2018年の8月なので、あと2ヶ月で期間が切れるとこでした。

ただ、ヨドバシカメラ京都で購入し、ヨドバシカメラの延長保証がプラス2年ついてたので、Apple Careが切れたらヨドバシに出せば直してくれるようです。
でも愛媛にはヨドバシカメラがないし、今のこのコロナ禍でなくても気軽に行けないから特に大変だったかも。

期間

カメラのキタムラに修理をお願いした時、1-2週間かかるかもしれないと言われました。

カメラのキタムラで修理できず、Appleに送る場合はさらに延びる可能性もあるとのこと。

データ

さて、肝心のデータです。

まず、バックアップは取っていたのかというと
最近のバックアップはちゃんと取っていましたが、iCloudがいっぱいなので、アプリによっては取ってないものもあります。

最近、iCloudの写真のデータをUSBに移す作業をしていたので、その辺も大丈夫。

MacBookでメインで使ってるSafariは、iPhoneとも連動してるし、そこも問題はないかな。

問題は、よく使用するメモ。
MacBookのメモとiPhoneのメモは連動していなかったので、メモしているもので大事なものはその都度iPhoneMacBookにコピーしていました。

MacBookをカメラのキタムラに出してからiPhoneiCloud設定でメモを共有させたら最近MacBookで更新したメモがiPhoneでも共有されていました。

なので、必要な情報はちゃんと守られているようです。

カメラのキタムラで修理が完了すれば、データは残る可能性が高いとのこと。

でもカメラのキタムラで直らず、Appleに送ることになると、初期化することになるのでデータを残すのは無理かもしれないと言われました。

さぁ、どうなることやら。

MacBookが帰ってきた!果たして

MacBookをカメラのキタムラに託して3日経った日、相棒が恋しくなっていました。そろそろ直るか、直らないのならApple行きかなぁと考えていました。

と思ったら、その日の夕方に担当してくださったスタッフさんから電話が!

「部品を取り寄せて直したら、起動することができました!データも大丈夫そうなんでご安心ください。」

翌日、即取りに行きました!

愛しのMacBookを開いて電源ボタンをポチ。

あれつかない

と思ったら、何回か押したらAppleマークが出てきました!

ログインもできて、見覚えのあるスタート画面に!

担当スタッフさんによると、基盤を取り替えただけですぐ直ったとのこと。修理報告書には、「logic boardの交換で預かり修理実施いたしました」とありました。いわゆるマザーボードにあたるものなのかなぁ。

MacBookの裏面を指して丁寧に説明してくださったのですが、いかんせん私の知識がなく、質問もできませんでした。笑

動作確認のチェックも全てクリア。

料金は、部品代32,560円、技術料14,000円。
Apple Careに加入していたので費用はかかりませんでしたが、実費を払うとなると約5万円...
新品を買うか迷う価格ですね。

Apple Care切れる前で、本当によかったです。カメラのキタムラさんに感謝!

受け取りのサインをして、無事MacBookと一緒に帰りました

担当のスタッフさんがとても丁寧に説明してくださり、対応も素晴らしかったので、Appleからのカスタマーアンケートには最高の評価をしておこうと思います。

数日で直ってよかった〜

私はMacBookを使わない時は、だいたいスリープ状態にしているのですが、「たまに電源を切った方がいい」とアドバイスいただきました。iPhoneでもそうなんだとか。

上手に使って、MacBookにはもう少し頑張ってもらわなければ!

スポンサーリンク
おすすめの記事