別居婚生活・遠距離恋愛のコツ

スポンサーリンク

遠距離恋愛・別居婚生活のコツ

今年の6月に令和婚をした私たち夫婦は、5月から夫は愛媛県松山市にお引っ越し。

私は引き続き、京都府京都市に住んでおり、別居婚をしております。

遠距離恋愛なんて絶対できない!

なんて思っていたら、実際離れることになり、しかも結婚状態で別居。

ハズバンが心配で心配で、夜も眠れない!!

なんて浮気や1人生活を心配する毎日かと思いきや。

結構円満にやっている(と思っている)んですよ。

なので、私たちの遠距離恋愛・別居婚生活を「コツ」として紹介しようかなと思います。

電話は毎日する

まずは連絡問題ですよね。

ハズバンも京都に住んでいた時、お付き合い当初はマメに連絡してくれてたものの、次第に少なくなってゆくLINEの数。

めんどくさがりのハズバンのLINEの少なさに、何度ヤキモキしたか。

ただ、私たちも30オーバーのイイオトナ。

私も今時の若い子ほどは、熱心にLINEをするタイプではありません。

なので、結婚前も今もLINEはほとんどしません。

その代わりなのか、交際してた時からハズバンはマメに電話をしてくれます。

その電話も、何日もないと、私は怒りを爆発させていましたが笑
(してたんかい)

別居になってからは、ほぼ毎日夜の23時頃に電話がかかってきます。

30分~1時間、長いときは22時頃から2時間くらい。

その日あったこと・テレビの話題・次に会う日の計画 etc…

0時を回ると、「あ、もうこんな時間だ、寝よう」と電話を切ります。

また、どちらかが「眠い」と言えば、「え〜」と言いつつも、早めに「おやすみ」を言って電話を切ります。

夜電話できないときは、事前に教えてくれて、朝にかかってくることも。

電話をすることで、ハズバンを近くに感じられるし、声のトーンで元気なのかそうではないのか、何となく分かります。


全部ハズバン。友達いないのか?

さて、長電話は電話料金が気になるところ。

ハズバンは電話し放題プランなので、料金を気にせずかけてくれています。

でも今やLINEやiPhoneのFaceTime、Skypeなど、無料で通話やビデオ電話ができる時代。

遠恋も昔よりかは、さほど難しくない時代なのかもしれません。

スポンサーリンク



たまにするLINE

先ほど、LINEはほとんどしないと言いましたが、たまにするLINEはどんなものか。

私たちのLINEを見返すと、まあ何とくだらない内容だこと。

基本一言・二言の吹き出しで、あとはスタンプでの会話だったり。

その辺にあった紙にお絵かきした、くだらない絵を写メって送ったり。

歌の歌詞を交互に送るだけとか。

まあ大事な話は電話でするんで、いいとしましょう。

月1回会う

私たちは、月1ペースで会っています。

私が愛媛に行ったり、ハズバンが京都へ来たりしてます。

どちらかだけが行くばかりとかでもないし、ちょうどいい感じで交互に行き来しているような感じです。

私も愛媛に用事があったり(顔合わせ)、ハズバンもお友達や親戚の結婚式があったり、ついでがあるのでちょうどいいですが、ついでがなくてもやはりこの距離だったら月1は会っておきたい。

ちなみに秋は、愛媛と京都の中間地点で会おうと、旅行を計画中です。

こういう楽しみも、遠距離ならではじゃないでしょうか。

存分に甘える

電話の時も、会った時も、会話の端々に甘えを出します。

他人が会話を聞いたら、気持ち悪くなるくらい。

そんなキャラじゃなくても、2人の世界を作ることで愛が深まるのではないかと、勝手に思っています。

エロ系は許そう

浮気・不倫は論外です。

でもエロ動画は許しましょう。

いや、嫌ですよ?

風俗も嫌だけど、バレない・のめり込まないのならOKとしましょうよ。

でも風俗行ってたって少しでも気配を感じたら、証拠を探し出して、追求して、めちゃめちゃに怒ってやるんだから!

ってなわけで、遠距離恋愛は、信頼関係が大事です。

結局ソコ。

スポンサーリンク

Posted by harutabi