スポンサーリンク

第4次韓流ブーム

2020年の流行語大賞にノミネートされた「第4次韓流ブーム」。

「第4次」って、じゃあ第1~3次は何が流行ったんだっけ?と思って思い出したのは、ペ・ヨンジュンとチェ・ジウの恋愛ドラマ「冬のソナタ」から、歌部門ではBIGBANGとか少女時代とか...

どこをどう取って「第○次」とされているのか、Wikipediaでも調べてみたら何だかあやふやなくくり。最近だと思ってた映画「パラサイト 半地下の家族 」とかなんて「第3次」の中に入ってるようだし。

『「第4次韓流ブーム」なんてあった?」と言ってる人もいるし、このブームは人によって様々なのでは?結局、一体どこが決めてるのかはよく分からずでした。

「第4次韓流ブーム」の主な話題は多分、Netflixで話題となった韓国ドラマ「愛の不時着」なんでしょうね。これもWikipediaには第3次に入ってたけど?

私はNetflix会員だったのに、この「愛の不時着」は全て見なかったんです。1話目は見たんですけど、なんかあんまり面白くないかな...と思って途中で見るのやめちゃったんですね。実はそこから面白くなってたのかも。テレビでかなり推している人がいても、自分がハマらなかったらそこで終わりです。私はそんなタイプ。

そんな私がこの2020年によく観ていた韓国ドラマや番組を紹介したいと思います。

ドラマ「梨泰院クラス」

Netflixの2大韓国ドラマであった「愛の不時着」と「梨泰院(イテオン)クラス」。私は、どっちかって言うと「梨泰院クラス」派。すごく面白かったです。

「派」ってのもおかしいけど、「梨泰院クラス」は途中で見飽きることなく、1話終わる度に「ん〜、おもろい!」って言いながら見ていました。

主人公のパク・セロイ役の俳優さんの髪型が特徴的でしたが、好感の持てる出で立ちが良かった。
因縁のある同級生の父親のような大会社の経営者を目指して奮闘するところや、その父親や同級生に押しつぶされたり。かなり悪どいやり方で主人公を潰して来るので、正直胸糞が悪い。それでも1つずつ対応していくのは、好青年すぎて「え〜」と不満になることもありましたが、まあ気持ちいいストーリーでした。

恋愛では、その因縁の大会社に就職する幼馴染にずっと好意を寄せながらも、自分を慕ってくれる凄腕のマネージャーとの関係に悩んだり。単純な恋愛ドラマじゃなかったのも、私にはとても面白く飽きずに観ることができたような気がします。

パク・セロイを慕うチョ・イソ役の女優さんと、パク・セロイの同僚であるマ・ヒョニ役の女優さんがかなり個性的でした。いや、2人とも可愛いし美人じゃないってわけではないんだけども...ドラマの中では役のために美女役っていうわけではなかった。でも、今まで固定化されていた美男美女がただ恋愛するドラマって感じじゃなかったのが何だか良かったです。

映画「パラサイト 半地下の家族」

第72回カンヌ国際映画祭の最高賞であるパルム・ドールを受賞し、第92回アカデミー賞では6部門にノミネートされ、作品賞・監督賞・脚本賞・国際長編映画賞の最多4部門を受賞した映画「パラサイト 半地下の家族」。

話題になっていたので、U-NEXTに加入して夫婦で観てみました。
正直これはオススメではないんですけど、話題になるのは分かるくらいの衝撃的な映画だったかもしれません。

韓国に行けば、たまにダークな地域を見ることができるんですけど、それを見てしまった感じ。半地下の地域は見たことないけど、こんなところがあるのかって思ったくらい。

この映画のジャンルが「ブラック・コメディ・スリラー」というんだから、多分タダで観られたとしても私はチョイスしないジャンル。ブラックもコメディも程よい感じだったので良かったのですが、スリラーシーンはあのレベルでもハズバンの背中に隠れて肩からチラッと観た感じ。中学生の時になぜか観た「バトルロワイヤル」の殺人シーンよりかはマシだったのかな。笑

ストーリー的には、途中というかある程度最後の方まではかなり面白く観ることができました。ただ、最後は結構残酷でモヤっと終わったような感じ。それでも、観られて良かったし全体的な私の評価は「面白かった」とは言えるかな。

ドラマ「被告人」

Abema TVで無料で観ることができたドラマ「被告人」。

全25話と聞いて、最後まで観るかな〜と思っていましたが、思ったより面白くてしっかり最後まで観ました。

検事の主人公と悪役の大会社社長の俳優さん、どちらも役の雰囲気があっていました。

正直、こちらの作品も悪役が主人公を貶めていく様が胸糞が悪くなるストーリーなのですが、別場面でのコメディ要素に救われるというような感じ。主人公が刑務所に入り、同部屋のメンバーがとてもいいヤツばかり(実際はそんなことないだろうけど)で、そこでのシーンで心休めるように観ていました。

主人公vs大会社とか財閥の御曹司がよくある韓流ドラマの設定だろうけど、主人公が検事っていうのがまた新しい設定なのかなとも思ったり。最後は、悪役への仕返しがあっさり終わってしまったように思いますが、この悪役に復讐するのはモラルに反することになりそうだからあんな終わり方だったのかな。トータルでは結構面白く観ることができました。

三食ごはんシリーズ

夏の間、AbemaTVでずっと観ていた韓国のバラエティ番組です。

韓国の俳優さんやアイドルが漁村や農村で田舎暮らしをしながら、ゲストを迎えおもてなししていくというバラエティ番組。

最初に見たのは「三食ごはん~旌善(チョンソン)編~」で、田舎暮らしに文句を言いながらも淡々と仕事をこなすクールな俳優イ・ソジンのキャラと、アニキを慕う愛想よくて可愛いキャラのアイドルグループ2PMのオク・テギョンの掛け合いが面白くてハマってしまいました。

出てくる料理は、もちろん野菜たっぷり・唐辛子たっぷりの韓国料理が多いのですが、この時期はこの番組に影響され私も韓国料理を作っていました。

他のシリーズも同時に放映されていて、漁村編ではまた別の俳優さんが出ていて、そのメンバーたちのキャラも個性的で本当に面白かったです。

たくさんのゲストが来るのですが、見たことのある俳優さんや女優さんが出てきたり、有名なところでいうと「冬のソナタ」でブレイクしたチェ・ジウやBoAも出てたり。ドラマでは見ることができない自然体の姿が見られるし、ファンにはたまらない番組なんでしょう。ファンじゃなくても、微笑ましく見ました。

三食ごはんのいくつかのシリーズに出ているイ・ソジンのキャラが結構好きで、この人が出ているバラエティ番組「ユン食堂」や「花よりおじいさん」も、この人の違う一面が見られて良かった。夏の間はAbemaTVの韓国チャンネルばかり見ていました。今もまだ放映されているし、このシリーズはオススメです。

BTS 「Dynamite」♪

たまたま見ていた昼間のワイドショーで話題になっていたBTS。

そんなに話題になってるのかと思いYouTubeで1回見たら、なんか頭の中でリピート三昧。ダンスコピーなんて絶対無理だけど、なんとなくの雰囲気で足踏みしながら料理したり洗濯干したりしてるくらい。

ダンスのキレが良くて、そしてなんと言っても全員のダンスが綺麗に揃っている。見ていて気持ちいいグループです。曲はこの曲しか知らないけど、まだメンバーに興味を持ってる段階ではないので、当分ただこの曲をリピートで聴き続けるでしょう。

それにしても韓国の男の子は、スラッとしていてとても綺麗な子が多いですね。

以上が、2020年私の韓流ブームでした。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事