スポンサーリンク

花瓶

上品な友人から、結婚祝に立派な花瓶をいただきました。

GLASS WORKS NARUMI のずっしりと重厚感のある花瓶です。

恥ずかしながら、今まで自宅にお花を飾ったことはございません。
前職ではお客様からお花を頂いたり、結婚式で飾られていたお花を頂いたり。それらの花を、お店にある小さなグラスに生けていました。

愛媛に移住してからは、特に花をもらうこともなかったので考えもしなかった。

花瓶をいただいてから、私の家に足りないものは「華」なのかしら?と思うこともあり、せっかくなので最近は2週間に1度のペースでお花を購入しています。

鮮やかな花をきれいな花瓶に生けると、気持ちが明るくなります。

ただ、
うちには場所がないので、残念ながらテレビの横です。笑

↑こちらの花はアイリス。
アイリスとは、アヤメやハナショウブとも言われるアヤメ科の植物。春に花を咲かせます。

花言葉は「希望」「勇気」。
今のこの時期に、まさに希望と勇気を与えてくれるような美しいお花です。

毎朝花瓶を見たら、水を換えるようにしています。
ハズバンから、茎の先を1cm程切ると長持ちするを教えてもらったので、(面倒ですが)2日に1回程チョキン。

2週間くらい持つのですが、手入れをきちんとすればもっと持つでしょう。

切り花

愛媛に移住してから思うのは、野菜が安い。
主に購入しているのは、JA愛媛中央が運営している太陽市(おひさまいち)です。

主婦のパラダイス!太陽市(おひさまいち)でお野菜三昧♪

メインの建物には、お野菜や果物中心に売られています。
その横の建物には、苗木や切り花を売っている建物もあるのです。

ちなみに、先ほどのアイリスはあの量で100円(税込)。
オシャレな花屋さんで購入したら、結構な金額になるのでは?

アイリスの後に購入したのは、こちらのストック。

1本の茎にたくさんの花がついていて、濃いピンク・紫・白の三色が鮮やかなお花です。甘い香りがずっと続く、素敵な花です。こちらの花もお安く、180円(税込)でした。

花言葉は、色別にあります。
赤:私を信じて
白:思いやり
紫:おおらかな愛情
黄:寂しい恋
ピンク:ふくよかな愛情

白・紫はわかるけど、濃いピンクは「赤」なのか「ピンク」なのか。
どっちにしても、黄色以外はポジティブな言葉です。

最近購入した切り花は、こちらのキンセンカ(金盞花)。キク科の花です。

鮮やかなオレンジと黄色い花が、お部屋を明るくさせます。こちらの切り花は、150円でした。

これだけ鮮やかで美しい花なのですが、キンセンカの花言葉はちょっとネガティブ。

「別れの悲しみ」「悲嘆」「寂しさ」「失望」

プレゼントには少し危険な花です。

ですが、今のこのコロナの状況を考えると、ある意味ぴったりの花です。

自粛ムードで、自宅にいることが多い今。

花のある暮らしで、少しでも心を豊かに保つ日々を過ごしたいものです。

★太陽市(おひさまいち)

スポンサーリンク
おすすめの記事