スポンサーリンク

最後の晩餐

私のではありません。

ハズバンの京都での「最後の晩餐」です。

ハズバンが最後に京都に来たのは、11月。

結婚指輪を買った「俄」さんで、お祝い金券をいただいたので、それを使おうと帰りの電車に乗る前に、京都駅の伊勢丹でランチをしました。

京都らしいところがいいねと、なかなかお邪魔できないモリタ屋さんに決定!

モリタ屋

モリタ屋といえば、四条大宮本店のすき焼きやオイル焼きの有名な老舗レストラン。

大学時代の喫茶店のアルバイトで、先輩にモリタ屋の社長さんの娘さんがいました。

彼女は1つか2つ程年上でしたが、お綺麗なのに真面目な仕事ぶりで、明るくて優しいお姉さんでした。

そんなことを思い出しながら、高級店に恐る恐る来店。

ランチなら、まだお手軽です。

オープンの11:30に行きましたが、予約なし&お待ちなしですぐに入店できましたよ。

すき焼きもいいけど、やっぱりおすすめされるとそっちに目が行きます。

和牛のステーキとビーフシチューという、ゴージャスなメインを2つもいただけるお得なランチ。

店内は年齢層がお高めかと思いましたが、意外と若いカップルもいたり。

京都タワーを眺められる、仕切りで仕切られたテーブル席は、かなりゆとりがあります。

伊勢丹レストランの外が眺められるこの景色、いいですよね。

さて、今月のおすすめランチがきました!

上品な御膳ですね。

サラダもあります。

スポンサーリンク

こちらは、和牛の赤身ステーキ。

赤身ですが、程よい脂の乗ったやわらか〜いお肉。

タレは玉ねぎが入ってるのかな?タレにつけて食べると、至福の時間が始まります。

量もちょうど良い!

いいお肉はずしっとくるから、これくらいでいいんですよ。

こちらはもう1つのメイン、自家製ビーフシチュー。

しめじと椎茸、火通ってる?笑

蒸してあったのかな?後乗せきのこはプリプリでした。

お肉はほろほろ、柔くなっていて、しっかり煮込まれた感があります。

ビーフシチューは濃くてご飯に合います。

でももっとご飯にあったのは、こちらの牛肉のしぐれ煮。

ちょこんとですが、お箸ひとつまみで、ご飯1口大はイケます。

ご飯に合うおかずはまだ続き、こちらのお漬物とおじゃこ。

私でもお茶碗のご飯ペロリといきました。

なのでハズバンには、少なかったのではなかったのかなと。

ご飯のお代わりをしませんでしたが、足りない場合はいえばお代わりできたのかもしれません。

ハズバンは最後の京都タワーを眺めながら、、、じゃなくて背を向けてた。笑

最後の京都をそれほど惜しむことなく、ハズバンは愛媛へ帰っていきました。

私の最後の晩餐は何にしようかな。

★モリタ屋JR京都伊勢丹店

スポンサーリンク
おすすめの記事