スポンサーリンク

島の暮らしを喰う

さて、お楽しみの夕食でございます♪

宮島別荘のお部屋やお風呂はこちら。

島の台所「Shima Classic」は、館内地下1Fにあります。

お席は自由とのことで、こちらのカウンターで横並びで食べることに。

こちらの夕食はブッフェ形式です。

「島の暮らしを喰う」がテーマのダイニングで、使われている食材のほとんどが広島産の有機野菜・肉・魚・調味料etc。シェフ監修のイタリアンとフレンチの洋食ブッフェ料理です。」

オープン記念とのことで、今ならお酒が飲放題です。

ワイン類や日本酒・焼酎も。

もちろん、生ビールもありましたよ。

さて、ご飯を撮りに行きましょう。

ブッフェは2つのエリアに分かれていました。

前菜やサラダ、ご飯やスープ類。

カツオのたたきは、身が分厚くてぶりんぶりん。

広島といえばカキ。

今の時期はおそらく冷凍だと思うけど...グラタンやカキフライで提供。

カキフライは美味しかったなあ。

もう1つのブッフェエリアは、シェフがいる温かいご飯。

パスタやお肉料理が並びます。

フレンチやイタリアンのメニューが色々あって迷うけど、まずは全部取る。

ストウブやル・クルーゼで魅せるのは、もはや定番ですね。

第1弾のプレート。

前菜やおかずを中心に盛り付け。

前菜でも、こってりしたモノもありました。

好きなものを少しずつ、がブッフェのいいところ。

お上品に盛り付けられてるかしら?

第2弾は、おかずとご飯モノを中心に。

ここのローストビーフが、かつてないほど美味しかったです。

ほら、ブッフェのローストビーフのお肉て、固めが多いでしょ?

こちらは、脂身のようなとろけるビーフ。

もちろん脂身ではないんだけど、柔らかくて美味しかった〜

女性や外国人のお一人様も結構いて、自由に楽しめるスタイルなのがいいね。

お酒はあまりいただかなかったけど、美味しい夕食を楽しみました。

ホテル宮島別荘
〒739-0505 広島県廿日市市宮島町胡町1165

スポンサーリンク
おすすめの記事