スポンサーリンク

ホテル宮島別荘

厳島神社や表参道商店街を楽しみ、ホテルのチェックイン時間に合わせて、この日泊まるホテルへ向かいます。

フェリーを降りた宮島桟橋から、徒歩1分で着くホテルです。

宮島桟橋の斜め向かいに、ホテル宮島別荘があります。

大き過ぎず、程よい大きさのホテル。

今回、このホテルに泊まりたくて宮島行きを決めました。

宮島に到着した際はまだチェックイン時間でなかったので、こちらのフロントに荷物を預けて、宿の説明を受けます。

チェックイン時には、荷物はお部屋に入れてくれていました。

料金も、チェックイン時に支払います。

楽天トラベルから予約したのですが、現地支払いを選択。

なんと政府の還元キャンペーン対象の宿だったようで、5%還元というありがたき幸せ。

カードの請求時に5%還元されるようです。

鍵は宮島らしく杓子。

絶対失くさない大きさですね。

フロントの前に館内着とそれを入れる袋が置いてありますので、自分のサイズを引き出しから探し出し、好きな色の袋をどうぞ。

ジャージー素材の館内着です。

2人とも中肉中背・標準体型で、私は164cmでMサイズ・ハズバンは175cmLサイズで、どちらもゆとりある感じでした。

ご参考に。

町家スタイルのお部屋

ご機嫌ハズバン、一番奥のお部屋へ。

シックな雰囲気と静かな廊下で、いい感じです。

お部屋に入ると、目に飛び込んでくるスケルトンのバスルーム。

ベッドはクイーンサイズ、寝相の悪い私がハズバンを端に追いやっても余裕があるわ。

サイドボードには、コンセントとUSBが差し込めます。

奥のソファが可愛いなあと調べたら、UNICOで手に入りそうです。

和モダンでシンプル、センスのいいインテリアは、いい気分にさせてくれますね。

テレビは壁掛け。ベッドとの距離はありますが、目に優しい。

デスクは私の化粧台となりましたが、シティホテルによくある鏡上のライトがないのが残念でした。

エアコンあるから仕方ないわね。

湯沸かしティファールや急須もありました。

お茶うけは、やっぱりもみじ饅頭。

翌日の新幹線でのおやつにいただきました。

お水はクリスタルガイザー、1人1本ずつ。

さて、あのバスルームに行きましょう。

最近、映りたがる考えるヒト。

カーテンを閉めたら見えませんが、ある程度気を許してる相手でないと、このバスルームは使いにくいかもしれません。

水回りは綺麗で、アメニティも揃っています。

女性には嬉しい、クレンジングや保湿系のお泊まりセット。

こちら2セット置いてくれていたのですが、大浴場にはクレンジングや化粧水も全て揃っていたので、使わずにお持ち帰りしました。

歯ブラシ・ボディタオル・ヘアブラシ・カミソリとアメニティは、客室だけでなく大浴場にも置いてあるので、ほぼ手ぶらで大丈夫です。

宮島の「町家・海・山」をイメージした客室があるようで、全室ベッドスタイル。

シングルルームもあるようで、外国人や女性のお一人様もちらほら見かけました。

次来るときは、違うコンセプトのお部屋に泊まるのもいいかもしれません。

ホテル宮島別荘
〒739-0505 広島県廿日市市宮島町胡町1165

スポンサーリンク
おすすめの記事