【体験談】アチーブメント株式会社 ダイナミックコース編

スポンサーリンク

ダイナミックコースを体験

アチーブメント株式会社の「頂点の道」講座、ダイナミックコースの体験談です。

ATCを初受講した翌月、ダイナミックコースを受講してきました。

こちらもATC同様、3日間の日程です。

1日目は、10:00~22:00
2日目は、9:00~22:00
3日目は、9:00~20:00

と丸1日が3日間!

超ハードです。

ダイナミックコースとは?

ダイナミックコースでは、アチーブメントテクノロジーを「知る」「分かる」から「行う」「出来る」レベルへと向上させます。また、自分の中にある思考の枠組みを見つめなおし、目標達成の障害となる「制限的パラダイム」を認識し、突破する事によって成功のための姿勢を作り出すコースです。プログラムを通し信頼し合える人間関係を構築し、パワーパートナーの必要性と双方勝利(win-win)を体得していきます。また、リーダーシップの発揮を通して自己の影響力の拡大を図り、チームリーダーとしての軸も試されます。

前回受けたATCは座学で、選択理論やアチーブ的考え方を知ることと理解することが目的でした。

ダイナミックコースでは、体験学習を通して、選択理論・アチーブ的考え方を行動に移せるようにするんです。

講師は、佐藤さんと言う、体験学習のスペシャリストだそうで、元気なおじさまと言う感じです。

中身の詳細は、残念ながらお伝えできません。

とにかく、動いたり、人と交流したり、涙あり、笑いありの3日間でした。

グループ作り

ダイナミックコースに参加したのは、約100人程。

まず最初に、5~6人ほどのグループを作りました。

このグループ作りだけでもドラマができそうな感じでした。

まずはリーダーの立候補から、そして誰についていくか。

今でもこのダイナミックコースで出会ったグループとはLINEでの交流があり、集まって忘年会をしたりしています。

こちらのブログでも何度か出てきています。

なぜか怒られる

様々な体験学習が進んでいくのですが、その中で講師の佐藤さんが大声で怒るシーンがありました。

ダイナミックコース受講者のほとんどに対して、佐藤さんが怒るのです。

大人になってから怒られることのなかった私は、この時間がかなり苦痛でした。

この時からその日の夜まで、ストレスで頭痛が起きた程です。

佐藤さんは、本当は優しい方です。

でもこういう一面も見せるんだと。

あ、私も洗脳された?

アチーブのダイナミックコースを別日程で受けられた方に聞いたら、その人の時も佐藤さんが怒るシーンがあったそうで。

アメとムチを使い分けられています。

アチーブが「洗脳」と言われる所以は、こういうところなんじゃないでしょうか。

これも「アチーブのやり方」なんですかね。

スポンサーリンク



自分自身が変わったか?

私の感想としては、

このダイナミックコースは、ATCとは全く違う!

ということ。

かなりハードな3日間でしたが「楽しかった」というのが正直なトコロ。

自分の中にある「制限的パラダイム」というものを明確化するんです。

その中で、

自分の大切な人について考えさせられたり。

自分の周りの人に感謝ができるようになったり。

私は、このダイナミックコースを受けてから、

「誰のために仕事をするのか」

を改めて考えさせられました。

両親・兄弟・友達・仕事仲間…

ダイナミックコースに参加したほとんどの人が、心動かされたんじゃないでしょうか。

アチーブ的な考えになり、かなり前向きになる人も多く、私でさえも新しいことを始めるきっかけとなりました。

3日間、同じグループ・メンバーで一生懸命に課題をこなすため、学生時代の部活動のような連帯感が生まれます。

だからこそ、今でも連絡を取り合う中なんだと思います。

LINEでは、

「親との仲が改善されたよ!」

とか

「仕事が成功して、昇進したよ!」

の報告が度々あります。

みんな上を目指して、そして家族や仲間のために頑張っているんだなと。

彼らとともに、ダイナミックコースを体験できたのは、とてもいい思い出です。

ダイナミックコースで支払った費用

さて、このダイナミックコースの費用は3日間で、

102,600円(税込)

こちらは、前回のATCの際にお支払いしました。

このダイナミックコースでは、次のステップである

ダイナミックアドバンスコースの申し込み時間もありました。

私も前向き思考になってたこともあり、「次のステップも行ってみよう!」と嬉々として申し込みました。

ダイナミックアドバンスコース
289,440円(税込)

ひえ!!!

いきなり価格が上がりました!!!

このダイナミックアドバンスコース、2泊3日の宿泊付き・食事付きなんです。

だから高くなったのか〜

って、にしてもよ。

でも、進むつもりでもいたので、こちらもクレジットカードで支払いました。

続く

スポンサーリンク

Posted by harutabi