子連れで人気のGong chaタピオカミルクティーを飲んできた

スポンサーリンク

お墓参り

台風が四国を直撃する前日。

夏のお墓参りということで、父家族とお墓のある生駒山へ。

朝早く出たので、昼前には終わりました。

台風が近づいていたのですが、快晴で風の強い日でした。

生駒山の麓にある柏原は、ぶどうの産地。

軒先で売っているブドウが美味しいとのことで、購入しました。

ブランドの大粒ぶどうが格安で売っています。

このミックスを父家族へ。

ピオーネは量り売りで3房を購入し、1房は父家族へ、私はピオーネを2房を持ち帰り。

ミックス箱1箱、ピオーネ3房で3000円でした。

なかなかお得です。

ピオーネは、甘さの中に酸味もあって、美味しいぶどうでした。

天王寺

お昼ご飯は、回転すしでサクッと。

父の家に戻り、父たちはお昼寝。

元気な10歳の父の娘は、元気で「どこか行きたい」と言うので、天王寺に連れ出しました。

私も従兄弟のお姉ちゃんやお兄ちゃんと遊ぶのは楽しみだったし、そんな感じのテンションですね。

鶴橋から天王寺まで、環状線で5分。

あまり天王寺に降りたことないので、まずはすぐそこにあった天王寺ミオプラザ館に行ってみました。

タピオカのお店を見つけて大興奮した幼い彼女は「並ぼう!」と。

マレーシアに行った時に、KLIA2(マレーシア空港第2ターミナル)でGong chaがあったのですが、なぜかそこのGong chaは、2回行って2回ともタピオカが売り切れという事態。

「行列も少ないし、並ぶか」と店前に並んだら、スタッフのお姉さんに、列の先頭は遥か向こうにあると教えられました。

違う場所にある行列に並びました。

タピオカブームはまだまだ続きそうですね。

スポンサーリンク



台湾発のゴンチャは、ミルクティーが美味しいとマレーシアでも評判のお店。

スムージーやらマンゴーフレーバーやら、色々あります。

メニューの見方が難しい。いや、分かるけど。

甘さや氷の量もオーダーできるようです。

トッピングはタピオカ以外にも、アロエやナタデココ・バジルシード・ミルクフォーム・グラス(仙草)ジェリーからチョイスできます。

私たちはオススメから参考に。

JR天王寺駅の構内を見下ろしながら行列が進むのを待ちます。

無邪気な子供は可愛いです。

ゴンチャスタッフの方々が、事前にオーダー表を作成してくれるそうです。

紅茶の種類・トッピング・サイズ・甘さ加減・氷の量を伝えてオーダー表をいただきます。

ところどころハートマークなのが気になる。

スポンサーリンク



15分ほどでしょうか、待ち時間としては我慢できる時間です。

遠いところにあった行列から、案内されて店前に。

女子ばっかりですが、もちろんカップルや子連れのお父さんもいらっしゃいましたよ。

トータル20分ほどでゲット!

彼女はブラックミルクティのタピオカとスタンダードなメニュー。

甘さも普通ですが、しっかり甘さを感じられるお味。

人気なだけに、やっぱり美味しかったです。

私はウーロンミルクティーをチョイスしたので、烏竜茶が効いた結構あっさりめのミルクティーでした。

甘さを普通にしたので、こちらは多めでもよかったかもしれません。

グラスジェリーは、少しもちっとしたゼリーで、昔台湾で食べたゼリーより薬草感がなくてクセなし。

喜んでくれたので、何よりです。

プリクラも撮りました。

今のプリクラは、デフォルトで目がでかくなるのね。

そして数が少ない。

昔はいっぱい印刷してくれてたけどなあ。

単価高くなってますな。

自分のお小遣いを使って、ゲームしたいというので、300円までと制限させました。

お姉ちゃんの言うことちゃんと聞いてくれるので、かわいいです笑。

子供を欺くゲームに怒りを覚えながら。

この後はお洋服をプレゼントしてあげて、ちゃんとお姉ちゃんをしてきました。

遠慮するから、余計買ってあげたくなるのよね。

台風が近づいていたこの日は、スカートやトップスがめくれ上がっている人が多数いました。

あべのハルカスは、生駒山からもしっかり見えていましたよ。

「恋人募集」の画用紙を持って、立っている男の子がいたり。

大阪は面白い街ですなあ。

★ Gongcha(ゴンチャ) 天王寺ミオ店
〒543-0055
大阪市天王寺区悲田院町10−48
天王寺ミオプラザ館M2F

スポンサーリンク

Posted by harutabi