一人うなだれてカフェ・アンデパンダンへ

スポンサーリンク

気分転換

人生うまく行かないときだってあります。

だからポジティブに考えることも必要。

私の人生、お先真っ暗。。。

なんて、ありえない!!!

なので気分を変えに、ひとりでカフェランチしてやりました。

アンデパンダン

ま、でもお店の消耗品とかの買い物ついでですけどね。

京都に住んでるなら誰しも一度は訪れたことがあるだろう、オシャレストリート三条通りにあるカフェ・アンデパンダン。

ここ最近は、ギア-GEAR-という演劇が外国人に受けているようで、ギアの専用劇場があるこちらのビルの3階には外国人が入っていく様子も。

その古いビルの前に、アンデパンダンの看板。

ビルの中に入ると、地下へ続く階段があります。

洞窟の中に入るようなワクワク感がありますね。

店内に入ると、地下とは思えない広いスペースの店内。

スポンサーリンク



私、前来たのいつでしょう。

学生の時だと思うので、もう10年以上前のハナシ。

誰と来たかさえも忘れてる。

久々に来たもんだから、店内の様子もすっかり記憶から抜けています。

席を決めてから、まずはレジで注文とお会計を済ませます。

外国人のお客様も多いようで、カードも使えるし、良いですね。

ギアを観に来る外国人も多いから、対応したのかしら。

私は、ランチメニューからサンドイッチセットをチョイス。

注文して、席でしばし待つとセットのコンソメスープがサーブされ、その後すぐにサンドイッチがやって来ました。

今日のサンドイッチは、鶏ささみとパクチーのベトナム風サンドです。

フレンチフライもたっぷりと。

好みのマクド系細いフライでした。

緑が多いし、ベトナム風の香りが漂います。

ライムをたっぷり絞って、かぶりつきます。

パクチーの香りは強すぎず、ライムの爽やかな味との相性は抜群。

鶏ささみもパサパサしてなかったのもよかった〜

パンは少しトーストされていますが、柔らかいパンの食感を残しつつカリッとした絶妙な焼き方。

一人だったので、黙々といただきまして、ぺろっと完食です。

ちなみに、お水やおしぼり・フォークやナイフは、キッチン近くにあるのでセルフで用意しましょう。

スポンサーリンク



walk a mile in their shoes

仕事上で、自分がしてきたこと・積み上げてきたものに、自信を持っていました。

でも、それは自分の価値観・判断であって、誰にでも通用するものではない。

自分たちで上手く話を進めていたつもりが、また別の第三者が入るとその方にも事情があって、話は決裂。

難しいなと思いました。

walk a mile in their shoes
その人の靴で1マイルを歩かないと気持ちはわからない

あ〜また自分本位で考えちゃったなあ〜

その人にだって、なんであれ事情はあるよね。

久々に心折れましたが、また違った良い道が拓けるとポジティブ変換できました。

話を進めていた方とも、前向きに進めようとの話がついたので、ひとまず保留。

来年から仕事を失うことになる中での一つの希望と自信は、あっという間に打ち砕かれてしまいましたが、これも神様からの思召しかな。

きっと良い縁が巡ってくると信じて、今年の仕事をきっちり終わらせようと思います。

京都には、嫌なことを忘れさせてくれるカフェがいっぱいあるんだ!

★Cafe Independants
カフェアンデパンダン
ホームページ
食べログ
〒604-8082
京都市中京区弁慶石町56

スポンサーリンク

Posted by harutabi