スポンサーリンク

鬼は〜外

福は〜内

恵方巻きは食べ損ねましたが、久々に豆まきをしました。

2粒だけ。笑

年の数の豆なんか食べたら、お腹いっぱいになっちゃう年齢になったわ。

しぇりークラブ

昨年の春にあった以来の友人、キャリアウーマン・サキに誘われ、気になるお店に行ってみることに。

前回は、京都駅近くのKAKIMARUさんへ。
KAKIMARU七条店で美味しい牡蠣とワインをいただく

滝沢歌舞伎の初日を迎えた大混雑の祇園・南座で待ち合わせ。

人混みを掻き分けて、祇園の端っこへ。

石塀小路へやって来ました。

雨がしとしと降っていますが、なんとも風情のある石塀小路。

石畳を歩いてすぐに、ひっそりと佇むお店があります。

しぇりークラブさんです。

ギネス認定のシェリー酒専門店です。

中に入ると、2階へ続く階段と1つの引き戸。

2階はギャラリーとなっているようで、私たちは1階の引き戸の奥へ。

大人の隠れ家な雰囲気がプンプン漂うバーカウンター。

バーにしては、少し明るめですね。

日本人のシェフ、シェリー酒のソムリエさん、日本語ペラペラのロシア人スタッフさんが迎えてくれました。

カウンターに座り、まずはお酒を。

やっぱり店名にもなっているシェリー酒をいただきます。

シェリー酒にもたっくさんの種類があるようで、甘口から辛口とか、好みに合わせてチョイスしてくれます。

ベネンシアという器具を使って樽からシェリー酒を汲み出し、グラスに注ぐ優れた技術を持つ人をベネンシアドールと呼ぶそうです。

見事なパフォーマンスに拍手。

お味はというと

「紹興酒みたい」

というのが私の感想 笑

シェリー酒は、白ぶどうのお酒だそうです。

紹興酒はお米で、シェリー酒と紹興酒には同じ香りの成分があるんだそう。

ソムリエ試験にも出る基本的な知識だそうです。

そのシェリー酒と共に、まずは前菜6酒盛(2人前)

それぞれに分けて盛り付けてくださるのが、とても嬉しいです。

鴨ロースト・スペインオムレツ・レンズ豆・タコのカルパッチョ...

辛口で、深みのあるお酒とよく合う前菜でした。

この日は、節分。

お店に豆まきセットがあり、ロシア人スタッフのお姉さんが、豆まきしてくださいと笑

先ほどのベネンシアドールのお兄さんが、お面をつけてくれて、まずは1粒。

鬼は〜外。

次は、シェフがお面をつけて、1粒。

福は〜内。

なんともフレンドリーで気さくなスタッフさんたちです。

辛口シェリー酒がなくなり、お次は甘口シェリー酒を使ったカクテル。

シェリー酒をオレンジジュースで割ったカクテルです。

カクテルって感じというか...シェリー酒が強すぎて...笑

シェリー酒、インパクトのあるお酒ですな。

お次はエビとマッシュルームのアヒージョですが、なかなかのボリューム!

パンを1つずついただきましたが...

私、アヒージョがあんまり好きじゃないんですよ。

女子ってアヒージョ好きじゃないですか。

だいたい皆頼むので、食べるんですけどね。

でも、ここのアヒージョは今まで食べた中で、1番!

オイルもエビもマッシュルームも美味しい!

お値段は祇園価格もあるんだろうけど、その価値あるアヒージョでした。

お店オススメの海鮮パエリアもいただきました。

王道のサフランライス、エビやムール貝がたっぷりのパエリヤ!

わざわざ、取り分けてくださいました。

取り分けてくださったのに、取り皿までくださるんです。

そのまま食べましたけど笑。

こんな気遣いのできるアットホームなレストランバー。

スタッフさんたちが、気さくに話しかけてくれるので、飲む・食べるというよりも、ずっと皆で喋っている感じでした笑。

一人で訪問しても、楽しめるお店だと思います。

boogaloo cafe

私があんまりお酒を飲まないもんだから、2件目は甘いもんを欲している私に合わせてカフェに付き合ってくれたサキ。

お馴染み、ブーガルーカフェの四条店です。

禁煙の地下に案内されて、ケーキセットを。

サキは、抹茶タルトにブラックコーヒーとオトナ。

私は、NYチーズケーキとカフェラテ(ミルク多め)とお子ちゃまで。

お店は、若い女子たちのディナーで盛り上がっていました。

しぇりークラブで話せなかった分、閉店までゆっくりお喋りしました。

私も人生いろいろ。

サキも人生いろいろ。

皆、強く生きているんだなと改めて感じた日曜日でした。

★しぇりークラブ京都石塀小路
ホームページ
食べログ
〒605-0825
京都府京都市東山区下河原町489−2

★boogaloo cafe四条店
食べログ
京都市下京区四条河原町通下ル三筋目東入ル
柳川ビル1F・B2F

スポンサーリンク
おすすめの記事