2018年を振り返ると「仕事と旅と彼の一年」でした

2018年にスタートさせたHaruTabiブログ。

1年間で170記事を投稿しました。

アルバム代わりであり、自己満足であり、生存確認用である、身内ブログです笑

それでも所々、ワード検索で引っかかってしまい、当ブログにありついた方も。

日記ブログなので、情報としてはかなり微妙なブログでございますが、興味を持ってくれた方がいてくれてありがたく思います。

スポンサーリンク

2018年振り返り

「2018年、今年はどういう年だった?」

と聞かれれば、私の場合は、

仕事と旅と彼の一年だった

と言えます。

ツラツラ自分のことを勝手に振り返りますが、お付き合いくだされば幸いです。

仕事のこと

2014年秋に起業しました。

大学生の頃から「何か自分でしたい」と思い続けたまま、普通に会社員として働いていましたが、どれも2年ずつと持たなかった20代。

IT企業に就職したものの、技術についていけず2年で断念。

公務員試験を2年間頑張りましたが、勉強嫌いには結果がついてきませんでした。

民営化企業で、とてもいい人間関係の環境で働くも、お給料が低く、2年間で退職。

その後の非営利団体では、充実した仕事をしながらも人間関係に疲れました。

ただ、多くの会社社長さんとの交流で、本来自分が目指していたことを思い出します。

「何か自分でしたい」

そう思ってから、やっと出会えた今の仕事。

念願の一人仕事です。

1年目の儲けは、すべて使い果たすという「3代目社長か!」と突っ込みたくなるような経営難。

2年目は、なんとかお店はやっていけてるものの、自分の生活は極貧に。

3年目は、儲けが出た分を投資してビジネスセミナーに。

ビジネスセミナーでは、ビジネスよりも家族関係の修復に繋がりました。

家族関係の修復と同時に、かつて自営業で稼いでおり、今は細々ながらも新しい家族を養っている父から「蓄え」の重要性を学びました。

現在、大手企業も社内留保という形で蓄えているようで、経済が少し回らなくなっていますが、私にもこれは必要不可欠。

今年は、「蓄え」をしながら「私生活の向上」を目指しました。

おかげさまで、お金とにらめっこしつつ、かつ自分が楽しいと思えることに目を向けて、本来私が夢に掲げていることを今年は達成できたような気がします。

まだまだ私の仕事は発展途上。

でも需要を伸ばすためにも、私なりの努力が必要だと思っています。

2019年、引き続き個人事業ですが経営者として、しっかり仕事に向き合いたいと思っています。

スポンサーリンク



旅のこと

「仕事のこと」で触れた「私生活の向上」について。

私の「私生活の向上」は、旅をすること。

本来の私の夢は、このブログのサブタイトル通り

〜旅しながら暮らしたい〜

自分で仕事がしたいと思ったのも、旅をしたいから。

自分で休みを設定し、自由に旅したい。

ただ、それだけ。

ビジネスセミナーで、夢を語れって言われたから、自分の夢を正直に言いました。

でも、これを話すと、

「何言ってんの?」

「それで、どうやってやって生きていくの?」

まあ、そうですよね。

でも、これで私は殻に閉じこもりました。

じゃあ、自分で夢を叶える答えを探す旅に出ようと。

ビジネスセミナーは本当に勉強になりましたが、でもやっぱり何か固定観念に囚われている部分がある。

「私がしたいこと」はこれなんだとハッキリ言えるまで、探る旅に出ようとセミナーは2017年で終了させました。

ビジネスセミナーにお金をつぎ込んだ分、今年は「旅」にお金を使おうと。

1月に行った伊勢神宮

記事にはしていませんが、2月は母と弟家族に会いに静岡・沼津へ。

4月にはイタリア・ミラノ

5月は従姉妹の結婚式で横浜

ビジネスセミナーで仲良くなった仲間と徳島へも

仕事が忙しくなる6~7月は、合間を見て彼とランチ巡り

8月は少し落ち込んで、神を頼って神社・寺巡り

9月は母のいる愛媛・松山に

10月は色々吹っ切れようと、初の東南アジア マレーシア・クアラルンプールへ

11月は、幼馴染と天橋立へ

紅葉シーズンも久々に散策へお出かけ

12月は、イルミネーションやライトアップへ

そしてクリスマスは、温泉旅行へ

今年ほど、仕事と私生活を充実させた年はないでしょう。

来年は今年以上に、楽しいことを自分で選んで過ごす日々を送りたいです。

次はどこに行こうかな…

スポンサーリンク



彼のこと

彼と出会ったのは、2017年秋。

半年間はお客様としての交流でしたが、今年の春にお付き合いがスタートしました。

楽しい日々を過ごしながらも、大きな喧嘩をキッカケにギクシャク。

夏に一度お別れしました。

「ブログ内容で、何となく気づいてた」と言ってくれた友人もいました。

20代の時の失恋は、友達と飲んで愚痴って忘れるってのがパターンでしたが、この年齢になるともうお酒を飲む気力もありません。

愚痴ると思い出すし、黙々と仕事をし、なるべく人に会わないように一人で過ごす日々が続きました。

それでも心配してくれ引っ張り出してくれた、長い付き合いのT氏には感謝。

神に頼っていた私に、張本さんよりかは優しい「喝」を入れてくれました。

ヤバイ奴から脱出も、彼への未練は消えず、でも何とか生きていかなきゃいけないと過ごした日々。

絶対立ち直ると決めて行ったマレーシア・クアラルンプールでは、何もかも嫌になっていた私に希望を与えてくれました。

正直、

もう京都を出たい

もう、ここから逃げ出したい

これだけを考えながら帰国。

2020年を目処に、マレーシア移住を考えました。

色々調べましたが、個人事業主としては簡単に移住できないんですね〜

今の仕事は諦めて、会社員として働こうかと、マレーシアの求人サイトを見たり。

でも、フッと我に帰りました。

いやいや、今まで築き上げてきたものがある。

よく考えなくては!

話は逸れましたが、ちょうどこの頃に彼と復縁しました。

別れてからちょうど3ヶ月のとき。

彼が歩み寄ってくれました。

彼も悩みながらも、私を必要としていると思ってくれたようです。

私にも彼が必要です。

今年は、彼は「私の年」で、私は「彼の年」だったね、と。

でも未来はまだ分かりません。

ただ今は、ずっと一緒にいられるよう、お互いを思いやり、ライフスタイルを調整していく予定です。

来年は、どんな年になるのやら。

長い文章にお付き合いくださり、ありがとうございました。

みなさま、よいお年を!


撮影:片山津温泉にて。

スポンサーリンク

Posted by harutabi