JALゴールドカードを1年間使用してみての感想

クリスマスカードも書き終えた。

年賀状ももう出した。

あと、なんかやることあったかな?

年末だなあと感じながら過ごしております。

スポンサーリンク

JALゴールドカード

2018年はマイルを貯めてみようと思いました。

選んだのはJALのクレジットカード。

なんでANAではないかというと、JALカードがマイルプレゼントキャンペーンをしていた。

まずはそこ。

あとは、大丸で買い物することが結構あるので、JALカードで購入するとマイルが2倍貯まるということ。

また、ローソンで使用しているPontaクレジットカードもJALマイルが貯められているので、JALの方が身近かなと。

2017年12月に申込みをし、12月末にはカードが届きました。

綺麗なゴールドカードでした。

定型ブランドは、海外でも使いやすいように、VISAを選択。

年会費

JAL・Visaカード、CLUB-Aゴールドカードの年会費はこちら。

本会員:17,280円
(家族会員:8,640円)

最初の請求日に、年会費が落とされていました。

割引・特典・サービス

空港ラウンジサービス

イタリア・ミラノに行く時、マレーシア・クアラルンプールに行く時、関空のカードラウンジを利用させてもらいました。



まあでもカードラウンジなのでね、混雑するし、食事が充実してるわけじゃないので、ここが使用できなくてもいいかなと。

どうせならサクララウンジとか、ビジネスクラス・ファーストクラスラウンジがいいですよね〜

まだ乗れるような人間ではないですが…

会員誌「アゴラ」

毎月届いていましたが、中身はなかなか充実していました。

ワクワクするけど、ハイクラスを目指さなきゃと思わせるような会員誌。

JALオリジナルカレンダー

来年のカレンダーが、11月頃に届いてました。

飛行機好きには嬉しいカレンダーなのかしら?

Amazonでも売っていました。

JALビジネスクラス・チェックイン

JALビジネスクラス・チェックインカウンターが利用できます。

JALを使うことがなかったのと、ビジネスクラスに乗ることもなく。

スポンサーリンク



クレジットカード紛失・再発行

マレーシア・クアラルンプールの一人旅で財布を落としました。

もちろん、このJALカードも入っていたので、紛失・盗難です。

JALカードを使われたら困るので、クアラルンプール国際空港から、JALカード紛失センターに電話。

マレーシアから電話する場合の指定の番号でかけました。

しかし、「この電話は繋げることができません」と、英語のアナウンスが流れるのみ。

他の番号もかけて見ましたが、繋がらずカードを止めることができませんでした。

帰国後、JALカードへ紛失の旨を電話。

身に覚えのある支払いが最後で、他人に使用されることはなかったので安心。

ただ、現地で電話が繋がらなかった旨を報告し、クレームとして挙げてもらいました。

カード再発行料は無料でした。

これは有難いですね。

再発行はカード番号が変わってしまうので、支払いの変更等が大変でしたけど。

マイルは貯まったのか?

さて、JALカードを発行した目的だったマイルについて。

1年間で貯まったJALマイルは28000マイル。

欧米であれば片道分の飛行機が取れ、アジア圏であれば往復分の飛行機チケットと交換できるくらいです。

マレーシア・クアラルンプールに行った際、ワンワールド加盟のマレーシア航空を使ったので、2000マイルほど貯められました。

ショッピングマイルだけで、毎月1000マイルは貯められていましたが、

あと残りのマイルは、ポイントサイトで貯めました。

▼簡単1分 無料会員登録はこちらから▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

ハピタスは最近CMをしていますが、私はモッピーというサイトでポイントを貯めて、JALマイルに変換。

他にも楽天ポイントやセブンのnanacoポイントにも変換。

モッピー2ポイントが、JALマイル1マイルになるので、モッピー24000ポイントを12000マイルに変えました。

継続か退会か

私の旅スタイルとして、飛行機はスカイスキャナーで探すので、JALに限らないということ。

カードラウンジはそんなに必要でない。

ショッピングマイルも、そんな言うほど貯められてない。

JALマイルは、ポイントサイトでも貯められる。

JALカードをやめても、マイルはあと2年間有効だし…

なんといっても、JALゴールドを持つタマではない。笑

私レベルでは、まだまだなんですね〜

憧れのダイナースには、程遠いどころじゃありません。

結果、私は2018年末で退会を決めました。

さて、マイルをどう使おうか。

検討中です。

スポンサーリンク

Posted by harutabi