【M-1 2018】ジャルジャルの国名わけっこに大ハマり&やっぱり和牛は良い!

今年もM-1グランプリ2018が終わった〜

今年のM-1放送時は、テレビの前にはおらず、親友ちっちと夜ご飯へ。

2人してM-1の状況を気にするようになるなんて、年末の風物詩。

ちっちと別れた後、彼の家に行って、録画してくれてたM-1をチェック。

私は、「自信を持ってお笑いセンスがある!」とは言えませんが、今回のM-1グランプリ2018を振り返ろうと思います。

スポンサーリンク

ジャルジャルの決勝ネタ「国名わけっこ」

最終決戦に残った、霜降り明星・和牛・ジャルジャル。

それぞれの決勝ネタを、まずはチェック。

今回のM-1の中で、お腹を抱えて笑いが止まらなかったのが、ジャルジャルの決勝ネタである「国名わけっこ」。

ジャルジャルって、ただはしゃいでるだけのネタばっかりであんまり好きじゃなかったんですよね〜

今回もはしゃいでるネタだなあ…と聞いていたら…

笑いが込み上げてくるじゃない!

イン・ドネシア、イン・ドネシア♪

アル・ゼンチン、アル・ゼンチン♪

ツイッターもバズるわけよ。

審査員も「なんで笑ってるのか分からない」と言ってましたが、私も何が面白いのか。

眠たそうな彼の横で、お腹を抱えてずっと大笑いしてしまいました。

まっちゃんが、ジャルジャルのネタのコメントでは毎回「俺は好き」と言っていたのが、今回は分かりましたよ。

上沼さんは今回「ジャルジャルは好きやけど、ネタは嫌い」と発言してましたが、ジャルジャルのはしゃぎ漫才を受け入れられないタイプなのかな。

最終決戦のネタは、いつものジャルジャルに戻った感じだったような印象を受け、私にはハマりませんでした。

最終決戦の投票では、和牛と霜降り明星の票しか入らなかったのも分かります。

でも、あれからYouTubeで国名わけっこネタを再生しまくってます。

安定の和牛

和牛は、ストーリーがしっかりしていて、本当に綺麗な漫才を見せてくれます。

毎回、予選から全て違うネタで決勝にまで上がってくる和牛。

昨年のウエディングプランナーのネタは、ボケの水田さんが2役をこなすという新しい漫才を見せて、審査員特にまっちゃんを唸らせてました。

YouTubeより:2017年M-1のネタ。このネタが一番好き。

今回の決勝では、ゾンビネタ。

志らく師匠が指摘していた「ゾンビ」や「殺す」というあまり良い響でないワードが出つつも、ネタを上品に仕上げるという和牛のセンスが光るネタでした。

2人の演技も、自然で良かったなあ。

川西「もうええ、崖から落ちたる」
水田「またそれか、ええっと…ロープ、ロープ」

この辺なんて、やっぱり自然でドラマを観ているようでした。

川西さんがゾンビになって、水田さんに「豚と鶏、両方いるか?」と言われ「うん」というところなんて、ゾンビになってるのになんか可愛かった〜

志らく師匠が彼らを「品がある」と評価したのは納得。

まっちゃんは、いつも「うまい」と評価。

最終決戦の「自分の母親をオレオレ詐欺に引っかからせないように練習する」ネタなんて、ネタ設定もありきたりなようで、自分の母親を試すって言う設定が違う視点で面白いよね。

川西さんの年配の女声も、もう板についてきた笑

あ、水田さんの衣装も久々に変わってたね。

決勝ネタも最終決戦ネタも、綺麗に上品に仕上げた和牛がなかなか優勝できないのは、なんでかなあ。

安定しすぎるのかしら?

最終決戦だけのネタで言うと、やっぱり和牛に入れそうだけども、霜降り明星の新しい風の方が審査員には強く吹いたのかなあと言う感じ。

今週の「ワイドなショー」が気になるところ。

スポンサーリンク



霜降り明星、優勝おめでとう!

霜降り明星、実は私は漫才を見たことなかったのよね。

「今ちゃんの実は」等の関西ローカルバラエティで、かなり面白い感じでロケを進めているし、せいやの元カノエピソードとか粗品の「スプーンに映った小栗旬」モノマネ(?)で十分人気の2人。

決勝の豪華客船のネタは、「ボラギノールのCM」風のところから、若干ツボ。

最初、東京ホテイソンっぽい感じのツッコミをする粗品に気になってたけど、途中からはボケツッコミのテンポが速くなって、東京ホテイソン感はなくなりました。

せいやの運動量は、若さの象徴ね。

決勝1位通過、素晴らしい!

上沼さんも「初めてネタ見たけど良かった!」と言ってたのに、私もウンウンと頷きました。

いや、良い仕事してたよ〜

ナイツ塙さんに「吉本の宝」と評価してもらったんだから、ブラック企業吉本さん、この2人を大事にしてあげて〜!笑

ただ、最終決戦のネタの最後、畳み掛けるようにシメてたから、そこでなんだか物足りなさを感じました。

優勝、和牛かな〜と思ったら、審査員左4人が霜降り明星推し!

でも関西としては、嬉しい霜降り明星の優勝!

初舞台で、しかも最年少での優勝らしいですね!

若い漫才師がこれからどんどん輝いていくスタートを切れたなって。
何様 笑

東京に進出しちゃうのかな〜

もうちょっと関西ローカルで活躍してほしいと言う思いもあるけどなあ。

和牛にも優勝してほしいけど、東京に進出しても「おは朝(おはよう朝日)」にはちゃんと顔出ししてくれてるのは嬉しいです。

和牛がなかなか優勝しないのが、笑い飯の二の舞にならなければいいね。

審査員について

上沼さんのえこひいき感が目立つと言われている最近のM-1。

でも、女性目線という意味では、上沼さんの言ってることも分からなくもないよね。

ジャルジャルの決勝ネタのコメントについては、ちょっとヒヤヒヤしたけど、今までのジャルジャルのネタに対しては私も同じような意見を持ってるし。

まっちゃん(松本人志)のコメントでは、良い評価が出たら思わず「おお〜」と言ってしまう。

でもしっかり自分の笑いもとってて、さすがお笑い界の大御所だなあと。

サンド富澤さんのコメントは、落ち着いていて安心感がある。

富澤さんが笑っていると、純粋に楽しんでるんだなと思えてしまう。

志らく師匠の言葉は、厳しいけども、的確でさすがだなあって。

昔のお笑いを例に出してコメントしてたとこなんて(コント55号)、その当時のお笑いは分からないけれども、昔から今に通ずるお笑いのテクニックを若者に教えてくれてる。

これはオール阪神・巨人の巨人師匠のコメントも同じで、細かいテクニックをうまく使えてるという評価とか、芸人さんはこれを聞いて学んでいくんだろうなあと。

しかも巨人師匠は、口調が優しいから、聞いてる方も言われてる方も落ち着いて聞けるよね。

ナイツの塙さんが審査員に選出されたと聞いたときは、どんな理由で選出されたんだろうと。

けど、いざコメントを聞くと、さすが漫才協会・副会長。

漫才中の見守る姿は優しく、コメントも的確で、ほんわかというかポーッとしてるイメージをぶち壊された感じ。

本当に一歩離れて、客観的に評価されているなあって。

テレビを見ている側は、彼らの細かい活動を知らないけれども、こうやって色んな面を見せてもらえて、視聴者のイメージを壊してくれるのは嬉しいです。

今後、審査員席にまた新たな人が出てくるのを楽しみにしてます!

スポンサーリンク

Posted by harutabi