サントリー伊右衛門サロン京都のIYEMON秋の茶コースをいただく(※閉店)

秋めいて来ている京都。

11月初めの連休に幼馴染が、愛媛からやって来ました。

紅葉はまだなのに、京都駅はすんごい人でしたよ。

お仕事を早めに切り上げて、幼馴染と合流。

滅多に行かない伊右衛門サロン京都で、ディナーして来ました。

まきちゃんの結婚式二次会が伊右衛門サロンだったなあ…

スポンサーリンク

伊右衛門サロン京都

烏丸三条を西に行くと、おしゃれなウッドテラスのある伊右衛門サロン京都。

18時に予約していました。

早い時間にも関わらず、お店は満席&お待ちが出ている…

サントリーブランド、恐るべし。

明るいオープンキッチン。

向こう側は、しっとり大人の雰囲気です。

今回は「IYEMON秋の茶コース」を注文してみました。

IYEMON秋の茶コース3,000円(税抜)
旨味成分の多いかぶせ茶に少量の抹茶を加えて美味しくした
少し贅沢な水出し茶をお愉しみいただけるコースです。

幼馴染はフルーツカクテル、私は抹茶ビールを。

コースの最初にほうじ茶が運ばれて来ます。

そして、すぐに水出し茶も提供されます。

テーブルが水分だらけだぞ。

お酒飲まなくても良かったな。

このコースの間に、私は5回トイレに行きました。

IYEMON秋の茶コース

テーブルが水分で溢れそうになる中、さらに、すだちかりがね茶がやって来ます。

ちっちゃいのでいいんですけど、水分だらけ。

まずは、焼き松茸~すだちおろし~

ちょこんと前菜、ペロンと完食。

覗き込んでるのは、

サーモンの親子カルパッチョ ~土佐酢ジュレ~

サーモンにいくら親子、土佐酢ジュレは程よい酸味。

魚は美味しいです。

小鉢のポテトサラダは、芋の食感を残しつつも、全体的に滑らかで私たちのお気に入り。

スポンサーリンク



お次は、IYEMONサラダ 梅と鰹風味のドレッシング

ドレッシングかけすぎ。

辛い。びっくりです。

梅の酸味と醤油感が強すぎて…

京都っぽくないなあ。

冷たい水分だらけで寒気を感じた幼馴染が、あったかいお茶を注文。

iPhoneXRのポートレート、めっちゃ綺麗〜

寒気を感じていたら、あったかいの来ましたよ!

農家野菜の石釜仕立て ~いりこ味噌~

熱々の石焼器でグツグツ。

出汁は野菜の出汁が滲み出ています。

スタッフさんの野菜の説明がなく、冬瓜かな?と思って別のスタッフさんに何の野菜か尋ねましたが、分からないと。

そこ、キッチンとホールで共有しといてよ。

カブだそうです。

いりこ味噌とともにいただきます。

京野菜を美味しく食べられました。

太刀魚と秋なすの天ぷら ~しば漬けおろし~

美味しそう〜

私たちのテンションが上がったお料理です。

秋刀魚がホクホクで美味しいです!

ナスと秋刀魚、天ぷらの食感がいい感じに混ざり合います。

添えられている、しば漬けおろしは、後々ご飯といただきました。

メインと〆ですね、茶美豚ロースの味噌漬け焼き ~りんごのジャムを添えて~

こちらのメインは、 +¥600(税抜¥648)で、特選国産牛のステーキに変更出来ます。

釜炊きのごはん、碾茶の佃煮、お味噌汁も付いて来ます。

茶美豚ロースはかなり柔らかいですし、りんごのジャムとの相性は抜群です。

味噌漬けされているので、味もしっかりついています。

炊きたての釜ご飯が進みました。

スポンサーリンク



最後は、デザートとほうじ茶。

また水分です。

笹の中身は、カスタード水まんじゅう。

デザートは物足りないですが、コース全体でお腹いっぱいになりました。

入店から退店まで、空いた席もすぐ埋まるくらい、人気のお店でした。

ごちそうさまです♪

祇園散歩

幼馴染が南座に行きたいとのことで、地下鉄に乗って三条駅まで。

徒歩で祇園へ。

先日、南座の新開場を記念し「南座発祥400年 南座新開場祇園お練り」が開催されましたね。

ライトアップされた南座は、綺麗になっていて一際目立っています。

市バスが頻繁に通るので、皆さんシャッターチャンスを待っていました。

南側へ行って、南座の前へ。

素敵な笑顔でした。

その後、八坂神社へ。

私は、正月ぶり。

お参りして、私の家に帰りました。

おみや

この日は、彼女は私の家に宿泊。

お土産を持って来てくれました。

愛媛の銘菓ハタダ栗タルトのハタダが出している、どら一(いち)塩バター

5個もあったので、おやつや朝ごはんにいただきました。

塩バター美味しかった〜♪

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

★伊右衛門サロン京都
営業時間:8:00~23:00
京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80番地
千總ビル1階

スポンサーリンク

Posted by harutabi