【沖縄一人旅】真栄田岬の「青の洞窟」でシュノーケル体験

沖縄県知事選挙で初当選した、玉城デニー氏。

おめでとうございます。

「辺野古NO!」は、沖縄の方々の心からの声です。

安倍さん、どうか国民の声を聞いてください。

沖縄には長く訪れていないので、数年前の一人旅を振り返ります。

過去ログです。

スポンサーリンク

たつや旅館

2013年に2か月の北半球ぐるり旅を終え、帰国。

仕事が決まり、仕事始めまで暇だったので、沖縄にでも行こうと4泊5日。

いきなりの旅でしたが、ジェットスターで格安航空券を取り、宿はヨーロッパ旅で慣れたドミトリー系の民宿をチョイス。

たつや旅館さんは、那覇市の国際通りからほど近い民宿です。

3人部屋で、仲よくなった女子2人。

妊娠中のMちゃん(右)は、出産前に旅行をしたいと、千葉から一人旅。

神戸のアクティブガールAちゃん(左)は、沖縄を転々と1か月間いろんな宿に泊まっているところでした。

女子の一人旅が、普通になりつつあった頃だったのね~。

たつや旅館さんでは、追加料金を支払えば晩御飯をいただくことができます。

私も最終日にお願いしました。

アルバイトの中国人っぽい女の子2人が、一生懸命作ってくれていました。

夕食後、オーナーさん?の三線の弾き語りを聴いたり、ユタ様との電話占い?もしましたよ。

私の前世は、シンガポールに住んでいた男性経営者(車関係)だったようです。

オトコなんかい。

真栄田岬

1日目は国際通りで飲み歩き、ノープラン沖縄2日目。

アクティブガールAちゃんと、シュノーケルをしにいこうとなりました。

宿から歩いてすぐ近くにある、レンタカー屋さんで車を借りました。

運転に慣れていない2人でしたが、じゃんけんで私が運転することに。

が!

車に乗り込み、「車線ってどっちだっけ?」と言った私に、Aちゃんが焦りました。

「やっぱ、私運転する笑」とAちゃん。

バトンタッチしました。

すんません。

広い道を、ゆ~ったり走って約1時間ほどで、真栄田岬に到着!

予約していたシュノーケル体験では、1人のスタッフさんがついてくれます。

ウェットスーツやシュノーケル道具は、貸してくれますよ。

着替え完了!

スタッフさんが、カメラを持ってくれているので、私たちは手ぶらです。

スポンサーリンク



岩場の浅いところから、いきなり深さが出てきます。

もう既に青い。深い。

色とりどりの魚がたっくさん。

私たちはシュノーケルに集中しているので、撮影は全部スタッフさんです。

青の洞窟

ゆっくり泳いでいくと、絶壁の方へ近づいてきます。

入り口をくぐると、そこは真っ暗になりますが、すぐに青色の海に。

青~い!

しばらくもぐったり、キャッキャはしゃいでいましたが、合間合間にスタッフさんがカメラを向けてくれます。

綺麗な青い海。

透明度も高く、不思議な空間でした。

魚と戯れる

青の洞窟を出て、深めエリアでシュノーケルを楽しみます。

クマノミ?

たっくさんの魚が近づいてきて、戸惑いを隠せません。

でも、だんだん慣れてきますよ。

どっちが私でしょう?

スポンサーリンク



手元に餌があると勘違いして、近づいてきてくれます。

角質食べに来てるのかしら?ドクターフィッシュ的な?笑

私は、ずっと手を差し出していたようです。

…よん?

何か言いたかったのかしら?

何がしたかったかは、謎です。

岩場に上がり、シュノーケル終了!

中学校のグアム以来?のシュノーケルでした。

シャワーを浴びて、着替えて終了です。

番所亭

Aちゃんが行きたいと言っていた、沖縄そばのお店「番所亭(ばんじゅてい)」へ。

肝心のそばの写真がなかったので、私をお楽しみください。

結局、最後までハンドルを譲らなかったAちゃんでした。

その後、彼女は神戸に一旦戻り、沖縄に移住するとかを報告してくれたのが最後。

元気してるのかなあ…

 

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

民宿たつや旅館 沖縄那覇店
沖縄県那覇市辻1丁目9-21

★真栄田岬

★番所亭(ばんじゅてい)→食べログ
営業時間:11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:水曜
沖縄県中頭郡読谷村字喜名473

スポンサーリンク

Posted by harutabi