スポンサーリンク

「Tさ~ん♪

誕生日おめでとうございます~!

またご飯連れてってくださーい♪」

と、10も年上の人にこんなLINEを送るのは、失礼極まりないですね。

「人の誕生日に『飯連れてけ』だと?」と怒りの返信。

分かっちゃいるけど、15年のお付き合いに免じて許してもらってます笑

大黒屋でそばをすする

毎年明けに、えべっさんを一緒に参るT氏

私の大学時代のアルバイト先の上司で、今でもご飯をたかり仲良くしていただいています。

地震の時も無事が心配してくれて、本当にありがたい存在です。

ノープランで、四条烏丸界隈をぷらぷら。

大丸東にある寿司清大黒屋で迷い、2軒目も行くならと大黒屋に。

サラリーマンのお昼時の聖地。

土曜日なので、空いていました。

ほろ酔いセットと他をオーダー。

ほろ酔いセットは、生ビールと小鉢が2品。

この日は、酢の物と茄子の田楽でしたが、酢の物がすっぱいのなんのって。

最後まで食べられませんでした。
ゴメンナサイ...

蕎麦屋に来ると天ぷらが食べたくなります。

「ハモ連ちゃんで見たくもない」というT氏を横目に、鱧のてんぷら蕎麦を頼む私。

私は今夏、ハモお初です~♪

ふわふわで美味しかったですが、お蕎麦はやっぱり美味しいですね。

蕎麦をすすりながら、私のノロケ話を聞いてくれました。

 

何でも知っているT氏。

質問すれば、大抵の事はGoogle先生のように答えが返ってきます。

LINEの10円返しのメリットを聞くと、商売の詳細を聞いて、いかに自分がチマチマした商売をしてるか。

スケールがデカすぎて、働く気失せます。

街の灯り商店街

お蕎麦を完食し、最近新しくできた錦の街の灯り商店街へ。


京都速報さんより拝借

よく、呼び込みしてますよね。

どんなもんかと入ってみると、横丁酒場みたいに店が数店あり、簡易のテーブルやイスがたくさん。

20時半ごろに入ったときは、お客さんは疎らでしたが、21時半頃から人が増えました。

2軒目使いにいいのかもね。

チケット制でオーダー

ここのシステムは、先にこのチケットを購入してからオーダーするとのこと。

1,080円で100錦(ニシキ)。10錦108円。

メニューの価格の単位は、全て「錦」で表記されていました。

T氏が200錦を購入。

まずはハイボールと梅酒で計70錦。

とん平焼きとユッケ、〆に一口冷麺とロイヤルミルクティアイスを注文し、きっちり200錦を使い切りました。

最初は、「どうなってんの?」

「オーダーって、どうすんの?」と、こんがらがりました。

今回私たちは、きちっと使い切りましたが、余ったチケットは次回来店時に使用可能だそう。

お店は全部で6店舗あり、どの席からでもオーダーできるとのことでした。

その辺のスタッフさんを呼びましょう。

注文後、スタッフさんが出来上がったご飯を持ってきてくれ、

「〇錦です」

と言われますので、その度にチケットを切り離して渡していきます。

う~ん、フェスみたいな感じ?
行ったことないけど。

 

とはいえ、サラリーマンやOLの多いエリアに、新しくできたお店。

今後、盛り上がっていくといいですね。

見守りましょう。

Tさん、ご馳走様でした。
いつもありがとうございます^^

スポンサーリンク
おすすめの記事