KAKIMARU七条店で美味しい牡蠣とワインをいただく

年越しを過ごした友人と久々のご飯食べ。

バツ1になってますます魅力が増した彼女ですが、最高の会社で最年少で昇進し、キャリアも順調。

彼女が「ワーホリにでも行こうかな…」ってポツっと呟いたときに、全力で阻止して良かったです。

あなたのそのキャリアは、絶対捨ててはならぬ!

大晦日での彼女との夜はこちら↓

彼女と八坂神社での年越しはこちら↓

スポンサーリンク

KAKIMARUで牡蠣

いつも彼女と会うときは、四条烏丸か四条河原町界隈。

烏丸にも飽きてきたことですし、彼女の職場が京都駅近くなので、久々に京都駅近くのお店を探しました。

年末はニクを食べたので、今回はカキにしましたよ。

貝と白ワインのバル KAKIMARU 七条店さんです。


食べログから拝借

電話予約の際、席の希望を聞かれたので「ゆっくりしたいです」と伝えると、2階をおすすめしてくださいました。

2人席は窮屈ですが、お隣がいなかったのでまあOK。

トイレの横の席は、嫌だなあ。

壁側はベンチで背もたれありますが、その向かいは背もたれのないイスなので、ゆっくりはできないかも?

仕事を終え、綺麗に整えられたボブヘアにパンツスーツで颯爽と現れた彼女と、まずは生ビールで乾杯。

近況報告をしながら、ビールを半分飲んだところで、まずは生ガキ。

能登産とどこ産だっけな。笑

シンプルにレモンを絞っていただきまーす。

生臭くないし、クリーミー♪

女性に必要な亜鉛がたっぷりですよ、奥さん。

なので、牡蠣尽くしでいきましょう!

スポンサーリンク



牡蠣グラタンと牡蠣フライ。

彼女は赤ワイン、私はなみなみ白スパークリングを注文。

なみなみ白スパークリングは、若い女性スタッフさんが目の前で注いでくれるので、プレッシャーをかけました。

よって、なみなみw

ポテトフライも登場。

ここのは細いポテトフライでした♪
(太いのはイヤなので、注文時確認します)

冷製牡蠣のヴァポーレというものを注文。

左から、塩レモン・ヴィネガージュレ・サルサソース・岩塩。

ヴァポーレとは、「蒸す」という意味のイタリア語。

あら、先月行ったわ!牡蠣は南の方かな?

低温でゆっくりじっくり蒸すことで、牡蠣の甘味と旨味をグッグと引き出したというメニュー。

私は岩塩とサルサをいただきました。

もちろん生牡蠣とは違いますが、プリプリ具合は同じくらいでしたよ。

その後は白ワインをいただき、

最後に、なみなみロゼスパークリングで、また同じスタッフさんにプレッシャーをかけました。

若くて明るい女の子で、可愛かったです。

おば…お姉さんたち、キュンキュンしちゃったわよ。

ピザも食べてたような…終盤は酔っぱらってたかしら?

KAKIMARUさんは、四条烏丸と河原町の間の綾小路店もあるそうです。

スポンサーリンク



恋バナ

大学が一緒だった彼女と出会ったのは、バレーボールサークル。

クラスは違うものの同じ英文学科で、サークルの中でも仲良しでした。

大学1回生から交際していた彼と長いお付き合いの末結婚し、わずか数年で離婚。

離婚後、申し訳なさそうに私に離婚を報告してきたとき、心労か寂しさかでげっそりしていた彼女を見て、自分の母親と重なりました。

離婚て、本当にエネルギーがいるんですね。

別れたかったはずなのに、魂が抜けたような姿で母が京都に来たとき、私は「絶対に一人でも生きていけるようにしよう」と決意しました。

 

離婚して2年経った彼女は、仕事も順調、ちゃんと恋もしています。

若いときと違って、恋してる本人も相談される私も「思いっきりいっちゃえ♪」とはなかなか思えず、言えず。

「外堀埋めていかんとね」と石橋たたきまくり笑。

でもある程度のお酒を入れると、盛り上がってきて

「彼にLINEしてみたら?」

「返事があれば彼に会いに行って、なければ2軒目いこーよ」

という私の提案に、彼女もノリノリ。

彼女は彼にLINEし、ちょうど仕事を終えた彼からの返事は早く、彼の待つ京都駅へ向かっていきました。

恋するオンナはキレイさぁ~♪ by 郷ひろみ

かっこいいパンツスーツを着ているのに、最後別れるときは可愛いかったです。

 

オトコに取られたなあ…と、私は一人地下鉄で帰宅。

私にしてはめちゃめちゃ飲んだので、帰宅してバタっと倒れこみました。

でもメイクはしっかり落としてたわ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

貝と白ワインのバル KAKIMARU 七条店
営業時間:17:00~翌1:00
定休日:日曜日
京都市下京区福本町404-10

スポンサーリンク

Posted by harutabi