スポンサーリンク

コモ湖の南部にあるコモというところに来ています。

コモ・サン・ジョバンニ駅で下車し、まずは山の上からコモ湖を見てみます。

フニコラーレに乗車

こちらフニコラーレ乗り場です。

奥まっていたので、通り過ぎてしまいました。

まず、すんごいラフな受付のおじさんに、フニコラーレの往復料金€5程だったかな?支払います。

こちらがフニコラーレ。ケーブルカーのことですね。

ちょうど出発時間なのですぐ乗り込んで席取りしたかったのですが、チケットが機械に通らなくて苦戦。

ツアー団体客が後ろにいたので、泣く泣く先に譲り、再度チケットを機械に通す。

エラーエラーエラー。はいはい、もう分かったわよ(´Д`)

受付に戻り、ラフなおじさんに事情を説明。

すると「ドアオープンしてあげる」と、帰り用通路の仕切りをオープンしてくれました。

無事出発時間に乗り込めたのはいいものの…

あ~あ、陣取られた。

場所取りできず、なんのために早めに並んだんや。

チケットめっ(~_~メ)

フニコラーレが出発し、綺麗に見えるはずのコモ湖はイマイチな眺め。

フニコラーレに乗るなら、先頭の窓を陣取るのがマストです。

頂上に到着

頂上に着き、フニコラーレを降りました。

が、

眺めはイマイチ。

お空はキレイです。本当にいいお天気でした。

頂上には、小さなお店やレストラン、ホテルもあるようでした。

ただ、特に散策する感じもなく、景色を一望し、フニコラーレ乗り場へ一番乗りしました。

ちなみに、チケットはまた機械に通らなかったので、係員さんがいない隙を狙い、ゲートをくぐりました笑。

お金を払っているので、不正ではございません。

機械と奮闘している間に、ご夫婦に抜かされました。

特に観光するような場所でもないので、上りのフニコラーレに一緒に乗ってきたほぼ全員が同じ時間のフニコラーレに乗ります。

が、

ここでも陣取るために早めに並んだのに、痛恨のミス!

私は上の方から写真を撮ってますが、実は下方の右側にもう一つ入り口が。

そっちにもあるんかーい!!(;´Д`)

ううう…残念。(ーー;)

出発時間になってもゲートが開かず、スタッフさんたちがレールに油?を吹き付けていました。

フニコラーレを下げて、レールに何かを吹き付けての繰り返し。

滑りよくなりすぎて、滑り台みたいに滑っていかんかな...

余計な不安を感じながら、ゲートが開き乗り込みます。

フニコラーレの先頭の窓は、もちろん前方に並んでた人達が陣取り、私は上の方の窓際へ。

なんとか撮れたのがこれです。

コモのドーモも見えました。

景色はイマイチでしたが、山の上は空気も良くてなかなか気持ちよかったです。

さて、お次はいよいよ遊覧船に乗ります。

スポンサーリンク
おすすめの記事