【伊勢一人旅】いにしえの宿 伊久の夕食

夕食は17:30と20:00が選べるとのことで、チェックイン時に17:30の時間を予約。お風呂に1時間以上入っていてもお部屋でゆっくりできる時間があるくらい、夕食前までゆとりを持って過ごしました。

2019年伊勢神宮初詣・母娘旅も更新中です。


スポンサーリンク



夕食は1階にあるレストランにて。

私はおひとり様なので、レストランで夕食と聞くと少しひるみますが、こちらはおひとり様にも優しい感じ。

私は窓に向いているカウンター席でいただきました。

他の席は半個室になっているので、周りを気にせずに夕食をいただけます。

席に着くとまず、サントリープレミアムモルツのビール1本とウーロン茶が置いてあり、これはお宿からのサービスだそうです。

嬉しい~♪

ますは前菜 一の膳がやってきました。

菜の花の利休和え(右下)、公魚甘露煮・白子の磯部天婦羅(左下)、鶏松風・辛子蓮根(右上)、帆立松前漬(左上)

茶碗蒸しもきました。

季節の茶碗蒸しとのことで、筍がゴロゴロ入った茶碗蒸しでした。

お次は季節の切飯(きりめし)と白菜すり流し

切飯は大根が入っていました。名物なのかな?あまり印象に残らなかったです^^;

二の膳に移り、お造り。

左からマグロ・鯛・鰆。土佐醤油と煎り酒でいただきます。

煎り酒とは、日本酒をアルコールで飛ばしたもの。

スポンサーリンク



ビールがそろそろなくなるタイミングで日本酒を注文。

伊勢詣という辛口の冷酒をいただきました。

お次は煮物か焼き物かを選べるメニュー

煮物は聖護院大根の蟹あんかけでした。

私は、鰤(ぶり)の伊勢芋焼きを。

鰤は照り焼きのような味付け、伊勢芋はすり下ろされていてふわふわ美味しかったです。

添えてある里いもと柚子の香り広がるゼリーのようなものも美味。

こちらはあん肝ゼリー寄せ

これお気に入りでした。

メイン料理も選択ができます。

A4松坂牛陶板焼き
伊勢海老と平貝の陶板焼き
A4松坂牛すき焼き
河豚ちり

私は、A4松坂牛すき焼きを選択。

すき焼き、久々です。

お肉はA4なので最高ランクではないです。

う~ん、脂身が多いね。
スポンサーリンク




牛脂を引き、お肉を焼いて割り下を。その後、野菜を入れていきます。

ぐつぐつ、日本酒を飲みながら待ちます。

卵を割って準備完了。

お味はとても美味しいです。

お肉は、すごく美味しい!ってことはないかな。

やっぱり脂身が多い。

松坂牛は脂身が多いと聞くのでこんなものなのかもしれません。

昔いただいた今半のすき焼き食べたいな~と思い出しました。それでも美味しいすき焼きに大満足です。

お腹いっぱいになってきたところで、〆の料理も選べます。

伊勢うどん
てこね寿司・味噌汁・漬物
河豚にゅうめん(河豚ちり選んだ場合のみ)

私は伊勢うどんを。

なぜか鉄火巻きもやってきました。

私好みの、やわやわうどんです。

水物は、苺とマンゴーのゼリー寄せと抹茶餅

お皿かわいい♪

配膳の担当の男の子も感じが良く、1時間半かけてゆっくり楽しくいただけました。

ボリュームもあり、満足の夕食。

夕食の後は、貸切風呂に自由に入れるとのことで、4つある貸切風呂の青竹の湯へ。

その後、大浴場でさらにひとっ風呂しました。

22時から夜泣き蕎麦を1階フロントで提供してくださるとのことでしたが、お腹いっぱいで眠たくなりそのまま就寝しました。

この夜泣き蕎麦目当てにこの旅館に泊まる人もいるそうで(給仕スタッフさん談)、気になる方は是非。

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

いにしえの宿 伊久
三重県伊勢市宇治館町字岩井田山679−2

スポンサーリンク

Posted by harutabi