1日1組限定ディナー京都肉をいただく

最近は肉がブームなせいか、食事に行こうとなるとイコール「肉を食べに行こう」となります。もちろん肉とは牛肉。普段あまり食べないので、私にとっては胃もたれの代表格です。

スポンサーリンク



グルメなお客様が、美味しいレストランを見つけたとのことで、ディナーにお誘いくださいました。京都御幸町Restaurant CAMERONさんです。仏光寺下って左側にあります。

京町家を再構築し、イタリア製の家具と融合させた居心地の良いお店とのこと。

お誘いくださったお客様はランチでお肉を食べたそうですが、なかなか質は良かったとのこと。

今回は、1日1組限定で離れのお部屋でいただく贅の極みコースを予約してくださいました。

レストランに入り、奥の扉から中庭に出て離れへ向かいます。広めのテーブルとシェフが焼いてくださるスペースもありました。

テーブルウェア。

はじめに前菜が運ばれてきました。

湯葉、ローストビーフ、クリームチーズの卵焼き、豚ハム。ちょこっとずついただきます。

お次はスープとパン。

紫いものスープにガーリックトースト。温かいスープで、いもの甘味が感じられてとても美味しかったです。

お肉を焼く前に伊勢エビとアワビを焼いてくださるそうです。さすが贅の極み。

伊勢エビは1尾を半分に。

歯ごたえもありプリプリ。

アワビはバターソテー。

あまり好まない肝も美味しくいただき、ここまでで満足です!

今回の贅の極みコースでは、こちらのお肉を焼いてくださいます。2人分です。
左はほほ肉、手前はシャトーブリアン、奥左はサーロイン、奥右はモモ肉です。京都肉は初めてです。

まずはシャトーブリアン。

赤身が苦手なので、しっかりウェルダンでお願いしました。
一口食べた感想は、こんなもんなのかな?という感じ。

頻繁には食べませんが、それなりのいいお肉を知っているだけに、あまり感動しませんでした。

スポンサーリンク



初めてのシャトーブリアンだったので、他を知らないといけませんね^^;

私には期待外れだったシャトーブリアンを一応平らげ、お次はサーロイン。

こちらも特に感動することはなく、半分いただいて残しました。

お次はモモ肉。

ですが、お腹が、、、
もうアワビの時点で8分目超えていたので、入りません。お次のほほ肉は、諦めました。もう味も覚えていません。

〆はミニカレーもしくは

ガーリックライス

最初にいただいた伊勢エビの殻の赤だし。

出汁の出がイマイチでしたね~お腹いっぱいだったので、いいですが。

デザートはこちら。

正直、贅の極みというくらいだし、いいデザートが出ると思うじゃないですか。いや、確かにお腹いっぱいだし、このくらいの量だと思いますよ?でも、やっすいケーキバイキングで出るようなミニケーキにはがっかりしました。

量も量だったので、胃もたれというか食べ過ぎで、翌日まで肉に追われているような感覚でした。京都肉も私にはイマイチでしたね。美味しい京都肉をいただけるお店を探したいかなと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

京都御幸町RestaurantCAMERON
京都府京都市下京区橘町442

スポンサーリンク

Posted by harutabi